HOME > ブログ > 施設 > 高尾山の駐車場(祈祷殿駐車場)

高尾山の駐車場(祈祷殿駐車場)


高尾山のふもとには、大きく分けて2つのエリアに駐車場があります。
ひとつは京王線高尾山口駅前に広がる「山麓駐車場」などがあるエリア。複数の駐車場があったり目立つ場所にあるので、多くの人がこちらを利用します。

もうひとつが薬王院所有の「自動車祈祷殿駐車場」。
こちらは少し駅からは離れていますが、高尾山口駅前のエリアに比べ大抵空いていますし、なんと言っても料金が500円/日と安い!(駅前エリアは休日だと1000円/日)
離れていると言っても、ケーブルカー清滝駅まで徒歩10分ほどで行けますし、川沿いの景色や参道のお店を見ながら行けるので、まったく苦にはなりません。
薬王院に用事のある方や祈祷する人ではなく、普通の登山客でも利用できます(最初は停めていいのかわからなかったのですが・・・)。
僕は車で行くときは、大抵こちらの駐車場を利用します。

駐車場マップ

高尾山の駐車場マップ。c)高尾登山電鉄

祈祷殿駐車場は、国道20号線沿いにあります。
八王子駅方面から来ると、まずトリックアート美術館のあたりで高尾山口駅前エリアの駐車場入口が見えます。これはスルーして、そのまま1、2分ほど走ると左手に祈祷殿駐車場の入口が見えてきます(圏央道 高尾山ICから来ると、逆に最初に見えます)。

駐車場入口

自動車祈祷殿駐車場入口

駐車場

駐車場に入ったところの看板

駐車場に入るとすぐ「駐車される方は受付にお寄り下さい」という看板があります。
システムとしてはセルフサービスになりますので、
・まず車を空いている好きなところに停める。
・出て行くときに受付に寄って料金を支払う。
・帰るときは勝手に出て行く
という流れになります。
休日など混雑しているときは、入口に料金徴収の人がいることもありますが、平日はほぼセルフのようです。

駐車場

横から見た駐車場全景。かなり広いです。

駐車場はかなり広いです。スロープの下と上のスペースがあり、全部で250台停められます。
ハイシーズン時は上まで利用されていますが、通常時は下のスペースだけしか埋まっていないようです。
地面は舗装されておらず砂利です。線もアバウトに引かれていますので、既に停まっている車を参考に並べて停めていくといいでしょう。

受付

受付の建物(右)と祈祷殿(左)

受付

受付。一番右の引き戸を開けて入る。

車を停めたら、入口近くにある受付の建物に寄って、料金を支払います。
建物右の引き戸を開けると、係の方がいますので、そこで500円を支払ってください。
受付時間は午前8時~午後4時ですが、門などは特に閉められないようなので、帰るときは遅くなってからでも大丈夫なようです(僕が遅くなったときはダイヤモンド富士のときでした。もしかしたらこの日は特別だったかもしれないので、いちおう受付で確認してみるといいでしょう)。

この祈祷殿駐車場は、文字通り自動車の祈祷をするときに使われます。
上の写真で受付の建物の左にあるのが祈祷殿です。祈祷を受ける車は、この前に並んで祈祷を受けます。
また、この駐車場は毎年3月にある「高尾山火渡り祭」の会場になります。
駐車場内には火渡祭場がご本尊のいらっしゃいます。
高尾山火渡り祭の様子はこちら

ご本尊

火渡祭場本尊 飯縄大権現

少し離れただけで安く快適に利用できますので、こちらの駐車場をおすすめします。
でも、ハイシーズン時はこちらも満車になりますので、電車の利用が一番おすすめです!

またはひとつ手前の高尾駅(一番最寄りは高尾山口駅)に停めて、1駅分電車でくるというパーク&ライドもオススメです。
高尾駅のコインパーキング情報は、以下を参考にしてください。

→「高尾駅北口のコインパーキング│高尾山マガジン

祈祷殿駐車場についての詳細は、薬王院のホームページを参考にしてみてください。

 
【追記】(2013/08/15)
高尾山の駐車場情報を、まとめたページを新しくつくりました。
→「駐車場 | 乗り物・施設 | 高尾山マガジン
祈祷殿駐車場についても紹介していますので、参考にしてください。
→「薬王院祈祷殿駐車場

side_banner_parking

ブログカテゴリー の一覧

最新情報

標高599m