HOME > ブログ > グルメレポート > 高尾山ビアマウント レポート2012

高尾山ビアマウント レポート2012


夏の風物詩、高尾山ビアマウント。
最近ではすっかり人気になって、週末は入場制限がかかったり、混雑しているときは2時間待ちとかになったりしますが、平日の早い時間などは空いていて快適に飲むことができます。
今年は8月のあたまの平日に行ってきましたので、様子をレポートしてみます。

ビアマウント会場は、ケーブルカーの駅(高尾山駅=山腹の駅)を降りてすぐのところになります。
元々展望台として利用されているスペースですが、夏の間、ビアマウント会場になっています。

ビアマウントの入口は、ケーブルカーの駅を降りてすぐ左です。

会場に続く階段を登ったところで、入場券を買い求めます。
男性3,300円 女性3,000円で2時間制のバイキングです。

会場は大きく2つのフロアに分かれています。
上のフロアは「スラブ」と呼ばれる屋根付きの展望スペースで、こちらは景色がすばらしいのですが、席も限られているので競争率が高いです。
下のフロアは格段に広く、料理やドリンクの種類も豊富なので、大人数の方や落ち着いて飲みたい人は下の方がいいかもしれません。

下のフロア。木漏れ日が気持ちいい。

下のフロア。奥に見える三角屋根が上のフロア「スラブ」。

上のフロア。見晴らし抜群です。早い時間は空いてることも。

スラブからの眺望。夜は夜景が美しいです。

会場に入って席をとったら、まずお皿とグラスをとりに行きます。
お皿は「お皿交換所」に行ってチケットをみせると、ゲットできます。
お皿は汚れたら交換所で取り替えてもくれます。

お皿交換所でお皿をゲットします。

ビアマウントの主役ビールは、ビールコーナーに行きチケットを見せるとグラスをもらえます。
2回目以降はグラスだけ持っていけばOKです。
ビールは、一番搾り、スーパードライ、黒、ハーフ&ハーフ、ハートランド、ハイネケンと、いろんな種類が楽しめます。

ビールはいろんな種類がお変わり自由!

ビール以外の飲み物も充実しています。

ビール以外にもワインや焼酎もあり。

ハイボール、各種サワー。

女性向けに杏露酒や梅酒も。

ノンアルコール梅酒なんてものも。

もちろんソフトドリンクやコーヒー紅茶もあります。

飲み物カウンターにビールグラスを持って行くと、飲み物の種類に応じたグラスに交換してくれます。

料理も毎年パワーアップしています!
今年初めて登場したのは「石窯ピザ」。
ふっくらしていて、街のピザ屋と比べてもおいしかったです。

今年初登場の石窯ピザは大人気!

ガラス越しに石窯ピザをつくっちるところが見れます

数えきれないくらいの種類の料理がバイキングで食べれますが、その中の一部を紹介してみます。

焼きそばも一種類じゃありません。苫小牧焼きそばは今年発かも?

スパゲティや炒め物など。

点心や揚げ物など。

地元八王子の野菜やフルーツ。

ラーメンやおでんも。山の夜は涼しいのであったかい料理も美味。

紹介しきれませんが、デザートも含めまだまだいろんな種類の料理があります。

いろいろ取ってきたところ。何回でもおかわりに行けます。

今年のビアマウントはなんと、10/8までやっています。
9月に入っても厳しい残暑が続いてますので、ぜひ期間中に足を運んでみてはいかがでしょうか?

ブログカテゴリー の一覧

最新情報

標高599m