HOME > ブログ > 登山レポート > 稲荷山コースで下山

稲荷山コースで下山


7月最後の日曜日、人の出は先ず々々ですが、心なしか子供たちが多い感じがしました。考えると夏休みなんですね。今は。

山頂では残念ながら富士山は望めませんでしたが、替わりに元気な子供たちの声が。
一生懸命「ヤッホー」と叫ぶ姿に思わず微笑んでしまいます。

本日の頂上。富士山は望めず。

本日の頂上。富士山は望めず。

さあ、ここからどのルートに?と考えていましたが、ふと空を見上げると、雲が増えてきたようです。
今日は大人しく(?)下山しようと、稲荷山コースを選択しました。

このルートも頂上を目前にキツイ勾配が続くルートです。暑さもあってか、すれ違う人の表情が、お疲れ気味の人が多いような気がします。心の中で頑張ってとエールを送りつつ下山を続けると。。。

前日も雨が降ったのでしょう。ところどころに、水たまりや、ぬかるみが散見されます。

ところどころに水たまりが。

ところどころに水たまりが。

更に、奥の方からは微かに雷鳴も聞こえてきました。足元に気をつけながら、先を急ぎます。

あずま屋のあたりで、軽く雨が降ってきました。
ただ今日のような日にはミストシャワーのような感じで、特に雨具を用意するまでもなく、無事に下山。

夏の山は、急な降雨も十分想定しなければなりません。
加えて前日、雨が降った日は、今回のように、水たまりなどもあり、滑りやすい個所もありますので、くれぐれも足元にはご用心を。
(因みに今日は一人だけ、ビーチサンダルで稲荷山コースを登っている人がいました。。。驚きです。ちゃんと頂上まで行けたのでしょうか?余計なことながら心配です)

最後に今日の稲荷山コースでみつけたヤマユリの写真を。

稲荷山コースでみつけたヤマユリ

稲荷山コースでみつけたヤマユリ

こういう景色が沢山あるから高尾山はやめられません。

ブログカテゴリー の一覧

最新情報

標高599m