HOME > ブログ > 登山レポート > 6号路 > 6号路で「前の沢」に降りてみる

6号路で「前の沢」に降りてみる


6号路は「水と森」のコースとも呼ばれ、沢沿いの道をすすんで行きます。
この沢は「前の沢」という名前で、その流れは高尾山口駅付近で案内川に合流し、やがて浅川、多摩川へと続いていきます。この沢も多摩川の源流のひとつということができるでしょう。

6号路を歩いていると、いくつ沢に近づけるポイントがあります。

前の沢

「前の沢」に降りてみてところ。この日は倒木が多かった。

前の沢

少し別な場所

スギの木を見上げる

沢から杉の木を見上げる

6号路は谷あいになっているので日がささず、夏でも涼しいくらいです。
水気の近くということもあり木々は苔むしているものが多いです。

苔むした杉

杉の表面にある苔が大変美しい。

また地盤のせいか、浮き上がった根を見ることが多いです。

浮き上がった根

根にも苔がついている

(写真はすべて2007年11月撮影)

ブログカテゴリー の一覧

最新情報

標高599m