HOME > ブログ > 登山レポート > 1号路 > たこ杉

たこ杉


1号路のさる園を少し過ぎたあたりに、ひときわ大きく根がまるでたこの足のように曲がりくねった杉があります。
その名も「たこ杉」。

たこ杉

柵ができる前のたこ杉。根のひとつに大きい“うろ”があります。

たこ杉には有名な伝説があります。
昔薬王院への参道を天狗衆が工事していると、どうにも大きくて邪魔になる杉があり、いろいろ考えた結果、この杉を切り倒して取り除くしかない、ということになりました。
その話を聞いた杉は、一晩のうちに根をくるくると曲げ、参道の邪魔にならないように道をあけたということです。
この逸話から、たこ杉は開運の杉として祀られるようになり、多くの人が御利益を求めて根を触るようになったということです。

最近では樹齢450年を超えることもあり、あまり人が触ると木に良くないということで、2007年に保護のための柵ができています。
かわりに杉の横にたこの石碑があるので、御利益が欲しい人はそちらをなでるといいかもしれませんね。

たこ杉の柵

今では保護のために柵ができています

たこ杉からのお願い

たこ杉からのお願い

たこ杉

すべてを写真におさめるのは難しいですが、高さ37mの大木です。

ブログカテゴリー の一覧

最新情報

標高599m