HOME > ブログ > 登山レポート > 稲荷山コース > 稲荷山コース最後の試練 階段200段!

稲荷山コース最後の試練 階段200段!


稲荷山コースは、ふもとから中間まではわりと急な山道ではあるものの、途中は尾根伝いになだらかな道が続く、歩いていて気持ちのいいコースです。

しかし、最後に試練が待ち構えてます。
山頂直前に5号路と交差するところで、200段以上ある丸太の階段が出てきます。

200段の階段

最後に出てくる約200段の階段。左右にある道が5号路。

これが登り始めてみると思ったよりきつい!
普通のときでも大変なのに、3kmくらい歩いたあとの階段なので結構ヘビーです。

階段

距離がわりとあるので先が見えない。

ちなみに、階段の下で稲荷山コースと交差している5号路は、山頂をぐるっと一周しているループコースです。これを右に行くと1号路まで行け、反対側から山頂まで登れます。
こちらはなだらかな坂になっているので、階段がきつそうな人は遠回りになるけれど、そのルートもいいかもしれません(左に行くと、もみじ台方面(陣馬山コース)からも山頂に登れるのですが、こちらも階段なので、あまり迂回の意味はないかも)。

階段

途中から下をみたところ。まだ半分くらいか。

グループで来ている人たちが、階段の途中で「チ・ヨ・コ・レ・ー・ト」「グ・リ・コ」とか、じゃんけんしながら登ってましたが、もうそうやってゆっくりあがっていくのもいいかもしれませんね。

200段(正確には240段くらいあるという話も)を登り切ると、そこはもう頂上です。
1号路みたいに徐々に頂上が見えてくるのではなく、いきなり展望台のところに出ます。

階段

やっと終わり。頂上に出ました。

おつかれさまでした!

ブログカテゴリー の一覧

最新情報

標高599m