HOME > ブログ > 薬王院 > 本堂 > 薬王院本堂 大天狗・小天狗の面

薬王院本堂 大天狗・小天狗の面


高尾山は山岳信仰が盛んで、薬王院でもいたるところで天狗の像などを見ることができます。
特に本堂の左右に据えられている巨大な大天狗、小天狗の面は、必見です。

向かって右側にあるのが、赤い顔の大天狗。大天狗は強い神通力を持っているので鼻が高いと言われています。別名、鼻高天狗とも呼ばれるそうです。

向かって右側にある大天狗の面。

大天狗。

向かって左側に据えられているのが、青い顔の小天狗。口がくちばしのようなかたちをしています。別名烏天狗と呼ばれます。
あまりに鮮やかな緑なので、僕は最初河童の面なのかと思ってしまいました(ごめんなさい)。

小天狗

向かって左側にある小天狗。別名烏天狗。

大きな面ではありますが、遠くからは布に隠れてよく見えなかったりします。近づいてみるとその大きさにびっくりします。

本堂

右手の紫と白と赤い布の後ろに、大天狗の面がある。

面を固定している板の枠には、面を奉納した方の名前が入っています。
赤い大天狗には「登山八十八周年記念 高尾山有信講」、青い小天狗には「登山五十周年記念 江原一心講」とあります。
いつ設置されたものかはわからないのですが、88年といえば平成と昭和を足した年数くらいですので、おそらく明治時代から始まった講による奉納のようです。富士講のように多くの講がつくられて、信仰されていたのでしょうね。

Photo:Christopher Alan Herrmann

ブログカテゴリー の一覧

最新情報

標高599m