HOME > 乗り物・施設 > 薬王院

薬王院

yakuoin_mainph

高尾山の山腹に位置する「薬王院」。
その歴史は古く、1200年以上前の744年に、聖武天皇の勅令を受けた高僧行基(ぎょうき)によって開山されました。
正式名称は「高尾山薬王院有喜寺」といい、真言宗智山派の大本山であり、成田山新勝寺、川崎大師平間寺とともに関東三大本山のひとつです。

元々は薬師如来をご本尊としていましたが(薬王院の「薬」は薬師如来からきている)、南北朝時代に京都から俊源(しゅんげん)が入山し、ご本尊が不動明王の化身「飯縄大権現(いづなだいごんげん)」に変わります。
優しい表情の薬師如来から、勇ましい飯縄大権現に変わったことで薬王院は戦国武将から信仰され、高尾山は隆盛をむかえます。

また高尾山は山岳信仰に由来する修験道の山であり、現在も琵琶滝、蛇滝という2つの滝で滝修行を行っています。今も薬王院では、山伏が吹く法螺貝の音が響き渡ります。
古くから天狗が住む山といわれ、境内には天狗の像や天狗をモチーフにしたオブジェがたくさんあります。

ケーブルカー駅から山頂に続く1号路にあることから(そもそも1号路は薬王院に参拝するための表参道)、多くの登山客や観光客が訪れます。
境内にはお堂や仏像といったお寺施設のほか、売店でおみやげやお団子が販売され、多くの人を惹きつけています。

年間で「節分会」や「火渡り祭」「春季・秋季大祭」などの行事が行われ、高尾山の中心的な存在になっています。

ふもとには「交通安全祈祷殿」があり、交通安全のご祈祷を受けることができます。
(よくこの御祈祷札である、もみじのステッカーを貼った車を見かけますね)

基本情報

住所 八王子市高尾町2177
電話 042-661-1115(受付時間:9:00~16:00)
FAX 042-664-1199
HP http://www.takaosan.or.jp


関係のあるブログ記事

最新情報

標高599m