撮影日:12/09/26  撮影者: s_endo

ヒキオコシ  シソ科

丘陵地から山地までの草地や林内に生える多年草(複数年のあいだ成育する植物)。茎の断面は四角形で下向きの細かい毛が密生する。葉の苦みが強く、倒れた人を引き起こすほどだとされ、名前の由来も弘法大師が倒れていた修験者に葉のしぼり汁を与えたところ元気になったという伝説による。また延命するほどの薬効があるということから「エンメイソウ」の別名もあり、全草を粉末にしたものは、腹痛や胸やけなどに効くといわれている。花は長さ約5~7ミリで、白色に近い淡い紫色をしており、枝先や葉の脇にたくさんつく。上の花びらは直立し、先が浅く4つに裂け、濃い紫色の斑点入る。下の花びらは前につき出し、長い雄しべと雌しべを包む。葉は長さ約6~15センチの広い卵形で、茎に向かい合ってつき、ふちに長さのそろった鋸歯(きょし:葉のふちにあるノコギリの歯のようなギザギザ)がある。

●季節 9月上旬~10月中旬頃
●高さ 約50センチ~1メートル
●場所 奥高尾

テキスト出典:「高尾山公式アプリ」(作成:八王子市産業振興部観光課)

このサイトに掲載されている写真・テキストの無断転載を禁じます。