撮影日:12/05/08  撮影者: s_endo

オウギカズラ シソ科

沢沿いの林の下やふちに生えている多年草(複数年のあいだ育成する植物)。根もとから「走出枝(そうしゅつし:地表をはってのびる枝。ランナーとも呼ばれる)」という細い茎をのばし、地面をおおうように群生する。あまり単独で咲いているところは見かけない。花は淡い紫色をした筒状の唇形で、長さは約2.5センチ。まっすぐに立つ茎の上部につく葉の脇に、数個の花がかたまって咲く。葉は浅い切れ込みがあるハート形で、ふちにあらい波状の鋸歯(きょし:葉のふちにあるノコギリの歯のようなギザギザ)がある。長さは約2~5センチで、向かい合うように対になって開く。名前の由来は、葉の形が扇形をしていることと、花のあとにクズ(マメ科)のようなランナーを扇形に広げることによる。

●季節 4月下旬~5月下旬頃
●高さ 約8~20センチ
●場所 6号路、奥高尾、北高尾

テキスト出典:「高尾山公式アプリ」(作成:八王子市産業振興部観光課)

このサイトに掲載されている写真・テキストの無断転載を禁じます。