HOME > 登山グッズ紹介 > VOL05 熱中症対策

VOL05 熱中症対策

しっかりした準備で、この時期を乗り切る。


まだまだ暑い高尾山。この時期、注意しなければならないことの一つが「熱中症」です。予防には水分補給と紫外線対策が重要と分かっていても、ついつい無理をしがちなのではないでしょうか?
そこで、第5回のテーマは、「熱中症対策」。しっかりとした準備と対策をすれば、その危険性は激減します。今回のノウハウを実践して暑い時期の高尾山をエンジョイして下さい。

好日山荘 調布パルコ店 渡邊綾子さん

今回の先生=好日山荘 調布パルコ店 渡邊綾子さん

水分補給と塩分補給

基本のマイボトル

自分好みのマイボトルはゲットしたいアイテム

自分好みのマイボトルはゲットしたいアイテム

第一のポイントは水分補給。喉が渇いた時に多量に摂るのではなく、喉が渇く前に少しずつ摂ることを心掛けましょう。その為にも十分な水分を持参するように。
高尾山あたりですとペットボトルで間に合わせる方も多いようですが、エコの観点からも専用の水筒は常備したいアイテムです。軽量、カラフルなものも沢山あるので選ぶ楽しみも。

保温ボトルに氷や果物を入れて。生きかえります!

保温ボトルに氷や果物を入れて。生きかえります!

また保温ボトルも一年通して活躍してくれます。冬に保温して温かいモノを持参したい時に使いますが、夏も冷たい氷やフルーツなどを入れて休憩の時などに食べれば、ひんやりとしてリフレッシュできます。加えて普段のマイボトルにも使えるので無駄になりません。

ハイドレーション

ハイドレーションオススメ2点

ハイドレーションオススメ2点

ザックの重量バランスを考えれば、本格的にハイドレーションも選択肢の一つに。
ハイドレーションを入れるスペースのあるザックで使えば重心が背中に近くなり、余計な疲労感を感じずに水分の持参が可能です。
飲料を入れた分しか膨らまないので、大きめ(3ℓくらい)を選べば汎用性も上がります。新しいタイプには真ん中に隔壁を作って、膨らみすぎることを防ぎ、背負った時の圧迫感を軽減するものもありますので選ぶ際の参考に。
最後は畳んで小さなり、ゴミにもならないのでお薦めです。キャンプなどではソフトボトルとしても活躍してくれます。

ハイドレーションはペタンコになって邪魔にならない

ハイドレーションはペタンコになって邪魔にならない

[→ 水筒・ハイドレーション一覧

ハイドレーションのメンテナンス

ハイドロおそうじグッズハイドレーションを使ったらお手入れは大事です。基本は乾燥。つるして乾燥させますが、この時を考えて、水の入れ口が大きく開く方が使いやすく人気です。
水以外のモノ(スポーツドリンクなど)を入れた場合は特に注意です。水分の残りはカビの原因になりますのでしっかりと乾燥させましょう。
怠りがちなのがチューブ内の乾燥です。そんな時は専用のクリーニングキットを使ってお手入れを完璧に。

忘れてはならない塩分補給

水分だけでなく塩分の補給もこまめに

水分だけでなく塩分の補給もこまめに

水分補給と同時に忘れてはならないことが塩分補給。スポーツドリンクではなく水で水分補給をする時は必ずこころがけるべきポイントです。
言うまでもなく夏場は汗と一緒に体内の塩分も出ていきます。朝・昼ご飯の時だけでは不十分です。そこで歩きながら塩分補給を目的とした飴やサプリを持参して、こちらも歩きながらでも、小まめに補給を心掛けましょう。
(編集部員も昨年夏に、塩分補給が不十分で熱中症になりかけました)

疲労軽減にはアミノ酸

アミノ酸。疲労の残り具合が格段に違う

アミノ酸。疲労の残り具合が格段に違う

身体の疲労軽減に大活躍なのが「アミノ酸」です。
摂取のタイミングは、朝ご飯時、入山前、お昼、休憩時。そして下山後もお夕飯や寝る前に摂取すれば、翌日の疲労感が全く違ってきます。熱中症予防だけでなく、疲労軽減の目的からもお薦めのサプリメントです。

[→ 食料・サプリメント一覧

2ページ:日光(紫外線)対策 »

登山グッズ紹介 一覧

最新情報

標高599m