HOME > 高尾山の自然 > > 夏の花 > ツユクサ

ツユクサ

SONY DSC

撮影日:12/08/31  撮影者: s_endo

ツユクサ ツユクサ科

草地や道端などにごく普通に生える一年草(発芽してから1年以内に結実し、枯れる草)。茎の下の部分は地面をはって枝分かれをし、節から根をのばしてふえる。花は一日花で、朝早く咲き、昼ごろには閉じ始める。昔は花の汁で布を染めたことから「着草(ツキクサ)」と呼んだことに由来する。花の直径は約1.5センチで、色は鮮やかな青色。3枚の花びらがあり、上側につく2枚は大きく、下側の花びらは白色で小さい。花の中央から6本の黄色い雄しべが出るが、そのうちの4本は花粉をもたない仮の雄しべである。花を閉じるとき自家受粉(同じ個体の雄しべと雌しべで受粉を行なうこと)をするが、昆虫による受粉もする。葉は笹のような細長い形で、長さ約5~6センチ。茎に互い違いにつき、つけね部分は茎を包む。

●季節 7月中旬~9月中旬頃
●高さ 約20~40センチ
●場所 1号路、3~4号路、6号路、稲荷山、蛇滝、裏高尾、奥高尾、北高尾

テキスト出典:「高尾山公式アプリ」(作成:八王子市産業振興部観光課)

このサイトに掲載されている写真・テキストの無断転載を禁じます。


おすすめの本
  • 高尾山の花名さがし

    小型で持ち運びしやすく便利! 登山中に気になったらすぐ取り出して調べることができます。

  • 高尾山 花のプチ歩き

    春を5つのブロックに分け、161種類の春の花を分類。その場ですぐに調べられるように、重要な特徴のポイントのみを解説。

夏の花 一覧

もっと見る

最新情報

標高599m