HOME > 高尾山の自然 > > 夏の花 > オオバギボウシ

オオバギボウシ

SONY DSC

撮影日:12/07/14  撮影者: s_endo

オオバギボウシ  ユリ科

林のふちや湿り気のある草地に生える多年草(複数年のあいだ育成する植物)。根生葉(こんせいよう:茎の根もと近くから生える葉)は大きく、長さ約20~30センチ。先のとがった楕円形で長い柄(え)がある。裏面の葉脈は盛り上がり、小さな突起がある。やわらかい若葉は「うるい」と呼ばれ、天ぷらやおひたしなどにして食べられる。ぬめりがあって、ほろ苦い味が特徴だが、有毒のバイケイソウ(ユリ科)と間違えやすいので注意が必要である。花は筒状のラッパ形で長さ約4~5センチ。淡い紫色から白色の花が長い花茎(かけい:葉をつけずに花だけをつける茎)に横向きに多数つき、下から上へと咲く。花のもとの部分には緑色をおびた白色の苞葉(ほうよう:花のつけねにある葉が変形したもの)がある。大きな葉をもち、つぼみの形が橋の欄干(らんかん)の柱頭につく飾りの擬宝珠(ぎぼし)に似ていることから、その名が付いた。

●季節 7月中旬~8月下旬頃
●高さ 約50~90センチ
●場所 奥高尾

テキスト出典:「高尾山公式アプリ」(作成:八王子市産業振興部観光課)

このサイトに掲載されている写真・テキストの無断転載を禁じます。


おすすめの本
  • 高尾山の花名さがし

    小型で持ち運びしやすく便利! 登山中に気になったらすぐ取り出して調べることができます。

  • 高尾山 花のプチ歩き

    春を5つのブロックに分け、161種類の春の花を分類。その場ですぐに調べられるように、重要な特徴のポイントのみを解説。

夏の花 一覧

もっと見る

最新情報

標高599m