HOME > 高尾山の自然 > > 夏の花 > キツリフネ

キツリフネ

撮影日:12/08/31  撮影者: s_endo

キツリフネ ツリフネソウ科

沢沿いや水辺など、湿り気のある林内に生える一年草(発芽してから1年以内に結実し、枯れる草)。葉の脇の花茎(かけい:葉をつけずに花だけをつける茎)から細い柄(え)を垂らし、三角帽子のような淡い黄色の花を3~5個つり下げる。ツリフネソウの花を黄色くした感じだが、キツリフネの距(きょ:花びらの後方にある袋状の部分)は渦巻き状にならずに下に曲がるのが特徴。また葉の先はとがらず、鋸歯(きょし:葉のふちにあるノコギリの歯のようなギザギザ)が少なく大きいこともツリフネソウと違うところである。花は長さ約3~4センチの筒状で先が上下に開く。花びらの内側には赤褐色の斑紋がある。葉は長さ約4~8センチ、幅約2~5センチの長い楕円形でふちに粗い鋸歯がある。長さ約2~5センチの柄があり、茎に互い違いにつく。花が終わると肉質の実をつけ、熟すと少しの刺激ではじけて種を飛ばす。

●季節 7月下旬~9月中旬頃
●高さ 約40~80センチ
●場所 1号路、3~6号路、蛇滝、裏高尾

テキスト出典:「高尾山公式アプリ」(作成:八王子市産業振興部観光課)

このサイトに掲載されている写真・テキストの無断転載を禁じます。


夏の花 一覧

もっと見る

最新情報

標高599m