HOME > 高尾山の自然 > > 夏の花 > クモキリソウ

クモキリソウ

撮影日:12/06/26  撮影者: s_endo

クモキリソウ  ラン科

山地の林のふちや林内に生える多年草(複数年のあいだ育成する植物)。1つの株に2枚の葉が向かい合ってつき、その間からのびた花茎(かけい:葉をつけずに花だけをつける茎)の先に5~15個の花が咲く。横に開く花びらと萼(がく)は長さ約8ミリほどの細い管状で、虫の足のように見える。花は淡い緑色または黒っぽい褐色で、手前につき出る花びらは下にまるくそり返り、その上側につく蕊柱(ずいちゅう:雄しべと雌しべが結合してできた器官)には黄色い花粉のかたまりがある。葉は長さ約5~12センチの楕円形でふちは細かく波打ち、もとの部分が茎を抱くようにつく。名前の由来は、花の姿がクモの子に似ていることから、また霧がかかるようなところに生えることからなど、いろいろな説があるが、はっきりしていない。

●季節 6月上旬~7月中旬頃
●高さ 約10~20センチ
●場所 5号路、奥高尾

テキスト出典:「高尾山公式アプリ」(作成:八王子市産業振興部観光課)

このサイトに掲載されている写真・テキストの無断転載を禁じます。


夏の花 一覧

もっと見る

最新情報

標高599m