HOME > 高尾山の自然 > > 夏の花 > ノブキ

ノブキ

撮影日:12/07/24  撮影者: s_endo

ノブキ キク科

山地の沢沿いの道端や林のふちなど、湿り気のあるところに生える多年草(複数年のあいだ成育する植物)。フキの葉に似ていることからその名が付けられたが、フキと比べると葉の先がややとがり、長い葉柄(ようへい:葉をささえる柄)に狭い翼がついているので見分けがつく。葉は長さ約10~20センチの三角状の腎臓形で、裏面に白い毛が生えている。まっすぐに立つ茎の上部が枝分をかれして、小さな花を多数つける。花は白色で、7~11個の雌花が外側につき、中心部に雄花が集まる。花が終ってできる実は、緑色をした棒状で長さ約6~7ミリ。先端に粘液を出す濃い紫色の腺毛があり、動物や人の衣服にくっついて運ばれる。若芽は山菜として食べられる。

●季節 8月下旬~10月下旬頃
●高さ 約50~80センチ
●場所 4号路、6号路、裏高尾

テキスト出典:「高尾山公式アプリ」(作成:八王子市産業振興部観光課)

このサイトに掲載されている写真・テキストの無断転載を禁じます。


夏の花 一覧

もっと見る

最新情報

標高599m