HOME > 高尾山の自然 > > 夏の花 > ミツバフウロ

ミツバフウロ

SONY DSC

撮影日:12/08/08  撮影者: s_endo

ミツバフウロ  フウロソウ科

山野の草地や林のふちに生える多年草(複数年のあいだ育成する植物)。高尾山では沢沿いなどで見かけることもある。茎の下部は伏せて倒れ、上部が立ち上がる。葉や茎、柄(え)には下向きの毛が貼りつくよう生える。名前にミツバと付くが実際は1枚の葉が深く3つに裂けたもの。長さは3~10センチで茎に向かい合ってつく。花は直径約1~1.5センチで花びらは5枚。淡い紅紫色で赤いすじが入る。よく似る同じ仲間のゲンノショウコには立ち上がるような毛や粘り気がある腺毛(せんもう:液体を分泌する毛のような突起)があるので見分けがつく。萼片(がくへん)に長い毛が生えるものを、高尾山に因んでタカオフウロと呼ぶ。

●季節 8月下旬~10月中旬頃
●高さ 約30~80センチ
●場所 6号路、奥高尾、北高尾

テキスト出典:「高尾山公式アプリ」(作成:八王子市産業振興部観光課)

このサイトに掲載されている写真・テキストの無断転載を禁じます。


おすすめの本
  • 高尾山の花名さがし

    小型で持ち運びしやすく便利! 登山中に気になったらすぐ取り出して調べることができます。

  • 高尾山 花のプチ歩き

    春を5つのブロックに分け、161種類の春の花を分類。その場ですぐに調べられるように、重要な特徴のポイントのみを解説。

夏の花 一覧

もっと見る

最新情報

標高599m