HOME > 高尾山の自然 > > 夏の花 > ヤブラン

ヤブラン

撮影日:12/08/31  撮影者: s_endo

ヤブラン  ユリ科

山地の林のふちや林内の木陰に生える常緑の多年草(複数年のあいだ育成する植物)。公園や庭の下草としてよく植えられている。根生葉(こんせいよう:茎の根もと近くから生える葉)がたくさんついて大きな株をつくり、約8~12センチの花穂を何本も出し、そこに直径8ミリほどの小さな花がびっしりとかたまって咲く。色は淡い紫色で花びらは6枚、花の中心に6本の黄色い雄しべがある。葉は長さ約30~50センチ、幅約0.8~1.2センチと細長く、深い緑色をしており光沢がある。やぶに生え、葉の形がランに似ていることからその名が付けられた。花が終わると、光沢がある果実のように見える種をつける。種は直径約6~7ミリの球形で、はじめは緑色をしているが、秋に黒紫色に熟す。

●季節 8月中旬~10月上旬頃
●高さ 約30~50センチ
●場所 2号路、5号路、裏高尾

テキスト出典:「高尾山公式アプリ」(作成:八王子市産業振興部観光課)

このサイトに掲載されている写真・テキストの無断転載を禁じます。


夏の花 一覧

もっと見る

最新情報

標高599m