HOME > 高尾山の自然 > > 秋の花 > クサボタン

クサボタン

撮影日:12/09/26  撮影者: s_endo

クサボタン  キンポウゲ科

山地の林のふちや草地などに生える多年草(複数年のあいだ成育する植物)。茎の下部は木質化(もくしつか)し、冬まで残る。葉の形がボタンの葉に似ていることから「草牡丹」の名が付いた。茎の先端や葉の脇にたくさんの花を下向きにつける。花は長さ約1~2センチのつりがね形で、花びらはなく4枚の萼片(がくへん)が後ろにそり返るように咲く。花の色は淡い紫色で、萼の外側には毛が生える。雄花と雌花があり、それぞれ別の木に咲く。筒が長いものが雄花、短いものが雌花である。葉は3枚がワンセットの三出複葉で、長い柄(え)があり、茎に向かい合ってつく。小葉(しょうよう:複数の葉で構成される葉形のひとつひとつの葉のこと)は長さ約5~10センチの卵形で、先がとがり、ふちは浅く3つに裂ける。花が終わると、先端に花柱をのばした長さ約3~3.5ミリの実をつける。

●季節 9月~10月頃
●高さ 約50センチ~1メートル
●場所 稲荷山、裏高尾、奥高尾

テキスト出典:「高尾山公式アプリ」(作成:八王子市産業振興部観光課)

このサイトに掲載されている写真・テキストの無断転載を禁じます。


秋の花 一覧

もっと見る

最新情報

標高599m