HOME > 高尾山の自然 > > 春の花 > カラスノエンドウ

カラスノエンドウ

撮影日:13/03/21  撮影者: s_endo

カラスノエンドウ マメ科

道端、畑、野原など、日当たりのよいところに普通に生える越年草(秋に発芽し越冬して翌年に花が咲く植物)エンドウ豆のような長さ約3~5センチの実をつけ、それが黒く熟すのをカラスにたとえたことからその名が付いた。別名は「ヤハズノエンドウ」といい、葉の形が矢筈(やはず:矢の後ろの弦を受ける部分)に似ていることに由来する。花の直径は1.5センチほどで、鮮やかな紅紫色。葉のつけねに2~3個ついて、花びらはチョウの羽のように見える。葉は羽状複葉(うじょうふくよう:葉柄に複数の小さな葉をつける葉の形状)で8~16枚の葉が集まってつく。1枚の葉は長さ約2~3センチの細長い卵形で、先端が矢筈のようにくぼんでいる。若芽、若い茎、花、若い実は、天ぷらや炒めもの、ゆでておひたしにして、食べられる。

●季節 3月~6月頃
●高さ 約50センチ~1メートル
●場所 裏高尾、奥高尾

テキスト出典:「高尾山公式アプリ」(作成:八王子市産業振興部観光課)

このサイトに掲載されている写真・テキストの無断転載を禁じます。


春の花 一覧

もっと見る

最新情報

標高599m