HOME > 高尾山の自然 > > 春の花 > ホトケノザ

ホトケノザ

SONY DSC

撮影日:13/03/11  撮影者: s_endo

ホトケノザ シソ科

日当たりのよい道端や畑のふちで普通に生えている越年草(秋に発芽し越冬して翌年に花が咲く植物)。高尾山では人家近くに多く見られる。2枚の半円形の葉が向かい合って開いている姿を仏様の座る蓮華座(れんげざ)に見立てて、その名が付けられた。また、葉が段々についているので「三階草(さんがいぐさ)」の別名もある。花は筒状の唇形で、長さは約2センチ。色は紅紫色で、茎の上部の葉の脇にたくさんついている。その中には、枯れるまでつぼみのままの閉鎖花がまざっており、虫の助けを借りずに内部で受粉して種を残す。葉は長さ約1~2センチで、扇状の円形。ふちに鈍い鋸歯(きょし:葉のふちにあるノコギリの歯のようなギザギザ)がある。なお、春の七草の「ホトケノザ」は、キク科のコオニタビラコで別の植物である。

●季節 3月~6月頃
●高さ 約10~30センチ
●場所 1~6号路、稲荷山、裏高尾

テキスト出典:「高尾山公式アプリ」(作成:八王子市産業振興部観光課)

このサイトに掲載されている写真・テキストの無断転載を禁じます。


おすすめの本
  • 高尾山の花名さがし

    小型で持ち運びしやすく便利! 登山中に気になったらすぐ取り出して調べることができます。

  • 高尾山 花のプチ歩き

    春を5つのブロックに分け、161種類の春の花を分類。その場ですぐに調べられるように、重要な特徴のポイントのみを解説。

春の花 一覧

もっと見る

最新情報

標高599m