HOME > 高尾山の自然 > > 春の花 > ミヤマカタバミ

ミヤマカタバミ

撮影日:11/04/08  撮影者: s_endo

ミヤマカタバミ カタバミ科

ヒノキやスギの植林地など、林の中のうす暗いところに生えている多年草(複数年のあいだ育成する植物)。漢字では「深山傍食」と書き、深い山のカタバミという意味であるが、決して山奥でしか見られない花ではない。葉は三出複葉といって、長い柄(え)の先に3枚の小さい葉がワンセットになってついている。葉の形はハート形をしている。茎や葉柄、葉の裏側に細かい毛が生えているところが特徴である。花の色は白く、直径約3~4センチ。花びらは5枚あり、紫色の筋のような模様が入っているものもある。花は晴天でも日が当たらなければ開くことはない。花をつけた株は多くないので、咲いている姿に出会う機会はまれである。

●季節 3月~4月頃
●高さ 約10センチ
●場所 1号路、3~6号路、蛇滝、裏高尾

テキスト出典:「高尾山公式アプリ」(作成:八王子市産業振興部観光課)

このサイトに掲載されている写真・テキストの無断転載を禁じます。


春の花 一覧

もっと見る

最新情報

標高599m