HOME > 高尾山の自然 > > 春の花 > エンレイソウ

エンレイソウ

SONY DSC

撮影日:12/03/27  撮影者: s_endo

エンレイソウ ユリ科

沢沿いの湿った林のふちや木陰に生える多年草(複数年のあいだ育成する植物)。まっすぐにのびた茎に、大きな葉がマントを羽織るようについている姿が印象的。その中心から小さな花がつき出すように1つ咲く。花の色は緑色からこげ茶色と変化があり、高尾山では緑色のものが多い。花びらはなく、長さ約1.5~2センチの萼(がく)が開いている。葉は長さ、幅とも約10~15センチの先が少しとがった広い卵形で、3枚の葉が茎をとりかこむようにつく。中国で地下茎(ちかけい)を乾燥させ「延齢草根(えんれいそうこん)」という漢方薬として用いてきたことからその名が付けられたが、全草に有毒成分が含まれており、誤って食べると激しい嘔吐などの症状をひきおこすので注意が必要である。

●季節 4月上旬~5月下旬頃
●高さ 約20~40センチ
●場所 1号路、裏高尾

テキスト出典:「高尾山公式アプリ」(作成:八王子市産業振興部観光課)

このサイトに掲載されている写真・テキストの無断転載を禁じます。


おすすめの本
  • 高尾山の花名さがし

    小型で持ち運びしやすく便利! 登山中に気になったらすぐ取り出して調べることができます。

  • 高尾山 花のプチ歩き

    春を5つのブロックに分け、161種類の春の花を分類。その場ですぐに調べられるように、重要な特徴のポイントのみを解説。

春の花 一覧

もっと見る

最新情報

標高599m