HOME > 高尾山の自然 > > 春の花 > オオバウマノスズクサ

オオバウマノスズクサ

撮影日:12/06/01  撮影者: s_endo

オオバウマノスズクサ ウマノスズクサ科

山地の林の中に生えているつる植物。低い木にからみついて、楽器のサキソフォンのように見えるユニークな花を咲かせる。果実がウマノスズクサに似て、葉が大きいことから、その名が付いた。花は黄色で花びらはなく、萼片(がくへん)が筒状になったもの。内側には紫色のしま模様が見える。葉は広く、約8~15センチ。ハートのような形で、厚みがあり、裏面はやや白く見える。やわらかい毛が生えているが、表面の毛は後でなくなる。有毒成分が含まれているが、ジャコウアゲハという蝶の幼虫は、毒を体にためて外敵から身を守るためにその葉を食べる。秋に実は黒く熟し、割れると種がぎっしり入っているのがわかる。

●季節 5月上旬~5月下旬頃
●高さ -(つる性木本)
●場所 北高尾

テキスト出典:「高尾山公式アプリ」(作成:八王子市産業振興部観光課)

このサイトに掲載されている写真・テキストの無断転載を禁じます。


春の花 一覧

もっと見る

最新情報

標高599m