HOME > 高尾山の自然 > > 春の花 > カテンソウ

カテンソウ

撮影日:11/04/08  撮影者: s_endo

カテンソウ イラクサ科

山の木陰で地面に広がるように群生している多年草(複数年のあいだ育成する植物)。春の早い時期に淡い紫色をおびた細かい花が咲く。顔を近づけて見ないと、咲いているのかどうかわからないくらい、小さく目立たない花である。植物の多くは昆虫に花粉を運んでもらうために、より目立つようにと、さまざまな花を咲かせる。その点カテンソウの場合は、昆虫に頼らずに、花粉を風で飛ばして運ばせるため、わざわざ目立つ花を咲かせる必要がないと考えられている。花は雄花と雌花があり、茎の上部に雄花がかたまって咲く。雌花は葉のつけねについている。葉の大きさは約3センチで、三角形に近い卵形。光沢があり、ふちに大きめの鋸歯(きょし:葉のふちにあるノコギリの歯のようなギザギザ)がある。

●季節 3月~4月頃
●高さ 約10~30センチ
●場所 1号路、3~4号路、6号路、裏高尾、奥高尾

テキスト出典:「高尾山公式アプリ」(作成:八王子市産業振興部観光課)

このサイトに掲載されている写真・テキストの無断転載を禁じます。


春の花 一覧

もっと見る

最新情報

標高599m