HOME > 高尾山の自然 > > 春の花 > ジュウニヒトエ 

ジュウニヒトエ 

撮影日:12/05/11  撮影者: s_endo

ジュウニヒトエ シソ科

乾燥気味の斜面や雑木林など、日当たりのよいところに生える多年草(複数年のあいだ育成する植物)。伐採された斜面によく群生し、全体が縮れた白っぽい毛でおおわれている。真っすぐにのびる茎をとりかこむようにたくさんの花がつき、何段にも重なるように咲いて、花の穂を立てる。その姿を宮中の女官が着る十二単に見立てたことが、名前の由来である。花は唇形で、長さ約1センチ。色は白か淡い紫色をしている。上側の花びらが下側と比べると非常に小さいところが特徴である。葉は長さ約3~5センチで、2~4枚が対になってつく。先がややとがった楕円形で、幅約1.5~3センチ。裏面は白みをおび、ふちに波状の鋸歯(きょし:葉のふちにあるノコギリの歯のようなギザギザ)がある。

●季節 4月中旬~5月下旬頃
●高さ 約10~20センチ
●場所 2号路、5号路、裏高尾、奥高尾、南高尾

テキスト出典:「高尾山公式アプリ」(作成:八王子市産業振興部観光課)

このサイトに掲載されている写真・テキストの無断転載を禁じます。


春の花 一覧

もっと見る

最新情報

標高599m