HOME > 高尾山の自然 > > 春の花 > セッコク

セッコク

撮影日:12/06/08  撮影者: s_endo

セッコク ラン科

沢沿いなど湿り気のある場所の樹木や岩の上などに着生する常緑の多年草(複数年のあいだ育成する植物)。高尾山ではスギの老木の上などに着生し、美しい花を咲かせている。葉の落ちた茎の節から花柄(かへい)を出し、1~2個の花をつける。花の直径は約3~4センチで、白色から淡いピンク色。甘い香りがある。一番下の花びらは、根元の部分の内面に短い毛が生えている。葉は細長く、長さ約3~5センチ。厚く光沢があり、2~3年は茎についている。茎はもとの部分から束になって出ており、縦にすじが入り、たくさんの節をもつ。漢字で「石斛」と書き、健胃、消炎、強壮効果などがあることから、漢方薬として用いられている。

●季節 5月中旬~6月下旬頃
●高さ 約10~30センチ
●場所 1号路、6号路

テキスト出典:「高尾山公式アプリ」(作成:八王子市産業振興部観光課)

このサイトに掲載されている写真・テキストの無断転載を禁じます。


春の花 一覧

もっと見る

最新情報

標高599m