HOME > 高尾山の自然 > > 春の花 > ヒメオドリコソウ

ヒメオドリコソウ

SONY DSC

撮影日:11/04/08  撮影者: s_endo

ヒメオドリコソウ シソ科

ヨーロッパ原産の越年草(秋に発芽し越冬して翌年に花が咲く植物)。明治の中ごろにもたらされた外来種で、東京周辺に多い。高尾山では、人家近くの道端でもよく見かける。花の長さは約1センチで、筒状の唇形。オドリコソウの花を小さくした感じである。茎の上部に開く葉の間から、淡い紫色した小さな花が顔をのぞかせる。葉の長さは約1.5~3センチで、卵形をしている。ふちにはにぶい鋸歯(きょし:葉のふちにあるノコギリの歯のようなギザギザ)があり、表面にくっきりと浮かぶ網目状の脈が目立つ。茎の上部の葉は密生してつき、赤紫色をおびる。群生することが多く、花は大きくないが、あたり一面を淡い紫色に染める。「休耕田」のような人が入らず土地が肥えているところでは大群落になる。

●季節 3月~5月頃
●高さ 約10~25センチ
●場所 1号路、3号路、5号路、裏高尾、奥高尾

テキスト出典:「高尾山公式アプリ」(作成:八王子市産業振興部観光課)

このサイトに掲載されている写真・テキストの無断転載を禁じます。


おすすめの本
  • 高尾山の花名さがし

    小型で持ち運びしやすく便利! 登山中に気になったらすぐ取り出して調べることができます。

  • 高尾山 花のプチ歩き

    春を5つのブロックに分け、161種類の春の花を分類。その場ですぐに調べられるように、重要な特徴のポイントのみを解説。

春の花 一覧

もっと見る

最新情報

標高599m