HOME > 高尾山の自然 > > 春の花 > フタリシズカ

フタリシズカ

撮影日:12/06/01  撮影者: s_endo

フタリシズカ センリョウ科

山地の林のふちや林内に生える多年草(複数年のあいだ育成する植物)。2本の花序(かじょ:花をつけた茎)を立てることから、ヒトリシズカに対して「二人静」(フタリシズカ)の名が付けられた。茎の上部に二対の葉4枚が、やや間隔をあけてつき、その中心から小さな白い花をつけた長さ約2~5センチの花序がのびる。多くは2本を出すが、なかには3~5本も立てるものがある。白く見えるのはすべて雄しべで、花びらも萼(がく)もついていない。雄しべはヒトリシズカのような糸状ではなく、3本の雄しべが雌しべを包んだ米粒のような形をしている。葉は長さ約8~16センチの楕円形で、光沢はなく、ふちに細かいとげ状の鋸歯(きょし:葉のふちにあるノコギリの歯のようなギザギザ)がある。夏から秋にかけて、閉鎖花(へいさか:開花せずに受粉を行なう花)をつけた花序を出す。

●季節 5月下旬~6月下旬頃
●高さ 約30~50センチ
●場所 3号路、裏高尾、奥高尾

テキスト出典:「高尾山公式アプリ」(作成:八王子市産業振興部観光課)

このサイトに掲載されている写真・テキストの無断転載を禁じます。


春の花 一覧

もっと見る

最新情報

標高599m