ブログ

初めての高尾ビール!

編集部

投稿者:

昨年から、高尾でクラフトビールがつくられているという噂を聞くようになりました。その名も「高尾ビール」。
高尾でつくられているということもさることながら、ロゴやパッケージも素敵で、とても気になる存在でした。

高尾ビールのロゴ。スタイリッシュです。

陣馬高原に行く途中にある恩方という地域のブリュワリーで生産されているのですが、一般のお店では流通していないので、まだ飲めていませんでした。
(高尾近辺の酒屋で置いていることもあるのですが、タイミング悪く購入できず・・・)

そんな中、高尾ビールのFacebookページで、3/17に高尾山口駅前で開催される「高尾山マルシェ」に出展されると書かれていたので、行ってみました。
たくさんのお店が並ぶ中、改札を出てすぐのところに高尾ビールが出展してました。

高尾ビールの池田さん。

この日に売っていたのは、ベーシックな「Oh! Mountain(PALE ALE 5.5%)」と、八王子のパッションフルーツを使用した「森は生きている(TROPICAL IPA TROPICAL IPA 7%)」。
今回は初めてなので、ベーシックな「Oh! Mountain」を購入してみました。

左が「森は生きている」、右が「Oh! Mountain」
今日のビール。どちらも650円。看板のデザインも素敵です。

「Oh! Mountain」はさわやかで軽やかなペールエール。八王子産のホップと桑の葉茶を使用しています。
エール系のビール全般に共通するのかもしれませんが大変フルーティで、そして茶葉を使っているせいか後味で草っぽい苦味がありました。
味わいながらもいつの間にか、飲み終えてしまいました。

賞味期限は手書き。手作りされていることを感じます。

やっと飲めた高尾ビール、大満足でした。
他の種類も飲んでみたいので、今度はブリュワリーを訪ねてみたいと思います。
大量生産できないようなのですが、飲めるところが増えてくるといいですね!

高尾ビールの情報は、以下の公式サイトなどをご覧ください。