高尾山の花

アカショウマ

撮影日:12/07/05  撮影者: s_endo

アカショウマ  ユキノシタ科

山地の明るい林内や草地に生える多年草(複数年のあいだ育成する植物)。地下の太い根茎が赤みをおび、サラシナショウマ(キンポウゲ科)に似た花穂(かすい:小さな花が集まって穂のようになったもの)をつけることから、その名が付いたとされるが、実際はまったく似ていない。茎の上部で約10~25センチの細長い花穂が枝分かれをし、長さ3ミリほどの小さな白い花をたくさんつける。根生葉(こんせいよう:茎の根もと近くから生える葉)は三回三出複葉(さんかいさんしゅつふくよう)といい、3枚ワンセットの葉が3回枝分かれをしてつく。長い柄(え)には褐色の毛がある。葉の形は長い楕円形で、長さ約4~10センチ、幅約2~4センチ。先が長くとがり、ふちに細かい鋸歯(きょし:葉のふちにあるノコギリの歯のようなギザギザ)がある。花が終わると、長さ3ミリほどの先がとがった円柱状の実をつける。熟すと褐色になり種を散らす。

●季節 6月中旬~7月中旬頃
●高さ 約40~80センチ
●場所 1~5号路、稲荷山、裏高尾、奥高尾

テキスト出典:「高尾山公式アプリ」(作成:八王子市産業振興部観光課)

このサイトに掲載されている写真・テキストの無断転載を禁じます。