HOME > ブログ > コラム > 紅葉シーズンの混雑風景

紅葉シーズンの混雑風景


高尾山では11月〜12月上旬が紅葉シーズンということで、大勢の登山客がやってきます。
とりわけ土日祝日の混雑は大変なものでよく「ディズニーランド並み」という声も聞かれます。
実際にどれくらいの人出なのか、11月中旬の写真(2011/11/13)を紹介してみたいと思います。

まず京王線で高尾山口駅に到着したときの風景です(午前10:30)。
電車が到着するたびに改札は人であふれ、通勤ラッシュのような光景になります。

京王線高尾山口駅の改札

京王線高尾山口駅の改札。

高尾山口駅

高尾山口駅を外から見たところ。

ほとんどの人が高尾山口駅を降りるとケーブルカー駅の方に向かいますが、その道も渋滞しています。

高尾山口駅前

高尾山口駅からケーブルカー駅までの道。

ケーブルカー駅前も乗車待ちの行列ができていて、この日は50分待ちとアナウンスがされていました。

ケーブルカー駅

ケーブルカー清滝駅前。「列の最後尾」看板を持った係員がいる。

この行列を見て多くの人が歩いて登ることにするようです。
ふもとから登るコースは、1号路、6号路、稲荷山コースとありますが、1号路が最もポピュラーなルートなので、このコースを多くの人が選ぶようです。

1号路

1号路。他のシーズンの何倍もの人が通る。

1号路

1号路。切れ目なく賑わっています。

1号路

1号路。リフト駅でリフトで登ってきた人と合流。さらに混み合います。

1号路を40分ほど歩くとケーブルカー高尾山駅に着きます。ここでケーブルカーで登って来た人と合流して、ケーブルカー駅周辺はかなりの賑わいになっています。

展望台

展望台からケーブルカー駅近くを見下ろしたところ。大勢の人がいます。

天狗焼き

天狗焼きの行列も、キッチンむささびの階段までのびています。

霞台

霞台では「もみじ祭り」のイベントも行われていて賑わっている。

薬王院や周辺のお茶屋さんも混み合っています。

権現茶屋

ごまどころ権現茶屋前。店に入る人や団子を求める人の行列が。

薬王院

薬王院の境内。輪くぐりなどには長い行列が。

しかし何と言っても一番混雑しているのは、山頂でしょう。
みんなお昼を山頂で食べることが多いので、人の滞在時間も長く、混み合うことになります。

山頂

山頂の様子。座る場所を確保するのが難しい。

山頂

紅葉している木の近くは人気で、レジャーシートが敷き詰められている。

山頂

多くの人が階段を椅子代わりに利用して座っている。

また山頂近くは登山道も渋滞しています。

山頂近く

山頂から1号路で薬王院に向かうところ。渋滞でたまに止まる。

薬王院

薬王院手前の階段。階段前で渋滞。

帰りのケーブルカーもかなり待ちます。
この日は整理券が配布されていました。最初50分待ちでしたが、待っている間に後から来た人は70分待ちになっていました。

ケーブルカー駅

きっぷうりばの近くで整理券が配られている。

ケーブルカー駅

ケーブルカー高尾山駅前。次に乗車できる整理券の番号が案内されている。

ケーブルカー駅

ケーブルカー駅構内。中には警備員もいて整列乗車するようになっている。

以上です。
僕自身、普段は混雑を避け、平日に行くようにしているのですが、この日はどのくらいの混雑ぶりか見てみたくて日曜に行ってみました。
確かにとても混雑はしていますが、都心の混雑と違って嫌な顔をしている人はあまり見かけず、お祭りの混雑の中に身を置いている感じでした。ビアマウントのときもそうですが、あらかじめ混雑していることを覚悟して行けば、それはそれでお祭り気分で楽しめました。
ただ、トイレの行列など困る場面もありますので、そのあたりは事前に調べて出かけた方がよいと思います(女性の方。男性はあまり待ちません)。

→トイレの情報がある投稿
高尾山ふもとのトイレ
高尾山山腹・登山コースのトイレ
高尾山山頂のトイレ

また登山コースは1号路が一番混みますので、人混みを避けるにはそれ以外のコースを選ぶのもいいでしょう。例えばケーブルカーの駅から薬王院まで、途中2号路を通ると人通りがほとんどなく、あまりのギャップに驚きます。

混雑してても楽しめるように、事前に情報を入手しておいたり、余裕を持って出かけるとよさそうです。

side_banner_koyo

ブログカテゴリー の一覧

最新情報

標高599m