登山コース

稲荷山コース

更新:

ふもとから山頂までの一番ハードなコース。

全長:3.1km
所要時間:上り90分、下り70分
難易度★★★☆☆

高尾山の主尾根とは別な尾根(南側)をとおるコースです。
元は林業用の道でスギ・ヒノキの林が続きます。
ふもとからコース中間のあずま屋(休憩小屋)までは急な道が続きますが、中間から頂上までは比較的なだらかな道が続き、気持ちよく歩くことができます。
6号路同様、山頂直前で約200段の階段が現れます。
このコースは山道が滑りやすく、特に地面が湿っている時に下山する時には注意が必要です。

このコースのトイレ:なし
(※)以前あずま屋近くにあったトイレは、老朽化のため撤去されました。

稲荷山コースイラストマップ

ケーブルカー清滝駅〜あずま屋(40分)

稲荷山コースの入口は、ケーブルカー清滝駅(ふもとの駅)の左側にあります。
あずま屋まではかなり急な勾配が続き、高尾山のコースの中でも一番上りが大変な区間です。
以前あずま屋近くにあったトイレは、老朽化のため撤去されました。

スタートはケーブルカー清滝駅の左です。
いきなり階段が続きます。
稲荷山コースの名前の由来でもある「旭稲荷」。
岩がごつごつした道。足場は悪いです。
ひとしきり登るとなだらかな道に。
再び傾斜がきつくなってきます。
急な階段を上るともうすぐあずま屋。
まっすぐ上るとあずま屋。左は巻き道。あずま屋や展望台に用がなければ巻き道で先にすすめる。
あずま屋。目の前が展望台なので景色もバッチリ。
展望台からの景色。新宿方面が望める。
以前のあずま屋。2020年2月に工事が行われ屋根部分が撤去された。

Check Point!

  • あずま屋
    あずま屋

    あずま屋のある高台は展望台になっていて、八王子市街や遠くは新宿までみることができます。 詳しく

あずま屋〜5号路交点(50分)

あずま屋から山頂までは比較的なだらかな道が続き、気持ちよく歩くことができます。
尾根道なので明るく道幅も広いので、遠足の子どもたちもよく利用します。
5号路との交点から山頂へは長い階段で、頂上前の最後の試練になります。

あずま屋を出た直後。なだらかな道が続く。
尾根伝いで明るい。
登りもあるがそんなに高低差もない。
この階段のあたりで、稲荷山コース全行程の2/3。
並行している6号路から沢の音が聞こえることも。
左にスギやヒノキ、右側にコナラなどの木々が続く。
木道になっていて歩きやすい。
ベンチがあり広場になっている。右に6号路へぬける道がある。
広場以降、道幅が狭くなります。
5号路との交点の到着。山頂へは正面の階段を行くが、200段ありきつい。

この記事をシェア