登山コース

景信山〜陣馬山コース

更新:

縦走路最長の区間。白馬の像を目指していざ陣場山へ

全長:6.0km(陣馬高原下バス停までを含むと9.3km)
所要時間:2時間20分(陣馬高原下バス停までを含むと3時間20分)
難易度★★★★★

本格的な登山へのステップとして陣馬山までの縦走を考えている方も多いでしょう。
景信山を過ぎるとかなり人の数が減り、観光ではなく登山に一歩踏み出した気分になれるコースです。

道自体で難所はないのですが、途中に施設がほとんどなく距離が長いので、山歩きの装備を準備しておいた方がよいでしょう。(飲み物・食べ物、雨具、地図、ライトなど)
また、途中でたくさんの巻き道や分岐があります。ポイントごとに標識はありますが、地図の準備があると万全です。

スケジュールをたてるときは、陣馬山からの帰りも考えておきましょう。
陣馬山頂から陣馬高原下バス停へは3.2kmもあり、下りでも1時間かかります。日没の時間など考慮して計画するとよいでしょう。

景信山〜陣馬山コース地図
出典:地理院地図を加工して作成

景信山〜堂所山(60分)

景信山から陣馬山の間には、たくさんの巻き道が出てきます。
巻き道とは、登りを避けてより平坦な道で迂回するルートのことです。
陣馬山までは距離が長いので、巻き道を利用して体力を温存するのも良い方法です。特にこの区間は巻き道を使わず頑張って登っても、ピークに標識も何もなく、登りがいがない場合が多いです。
堂所山(どうところやま)は、景信山と陣馬山の中間くらいの位置にある山ですが、眺望があまり開けていないので、時間や体力のない場合は、スルーして先にすすんでもよいかもしれません。

この区間のトイレ:景信山

景信山を出発です。三角点のある側から陣馬山へのルートが始まります。
しばらくゆるやかな道が続きます。快適で歩きやすい道です。
この区間は巻き道がいくつも出てきます。体力を節約したい人は本道の登りを避けて巻き道(写真左)へ。
標識に「まき道」の表示があるところもあります。
巻き道を使わず本道を登ったところ。登ってもこの区間はほぼピークの標識もないので、登りがいがないかも。
堂所山への分岐の標識。本道は堂所山を通らない平坦な道ですが、登ってみます。
堂所山へ続く道はかなり急な登りです。
坂を登りきったところで標識が。堂所山は右にすすみます。
すぐに堂所山山頂に着きます。堂所山を抜けて北高尾山稜や小下沢林道に続くルートにもなっています。
堂所山山頂です。標高は733m。
山頂は少し広くなっていてベンチがいくつかあります。
草木にさえぎられて、展望は残念ながらあまり良くありません。

北高尾山稜コースの解説はこちら。

北高尾山稜コース

堂所山〜明王峠(30分)

明王峠まではアップダウンも少なく、歩きやすい道が続きます。
途中の底沢峠では、JR相模湖駅方面への分岐や陣馬高原下バス停へのショートカットコースの分岐があります。時間がなくなったときは、バス停へエスケープすることもできます。
明王峠からも相模湖駅方面に降りれるので、慣れてくるといろんなコースを試せそうですね。

この区間のトイレ:明王峠

堂所山を出発して陣馬山方面へ。最初は笹の中の細い道をすすみます。
笹を抜けると、木々の中の道を降りていきます。
本道に戻ってきました。
しばらく進むと、伐採が行われ見通しのよくなった道になります。
底沢峠に到着。左側に、底沢バス停を経由して相模湖駅に向かう分岐があります。
底沢峠には、右側に陣馬高原下バス停にショートカットできるコースの分岐も。
真っ直ぐ木々の中のなだらかな道をすすみます。
明王峠に到着です。左側に見えるのは茶屋の建物。
明王峠の茶屋はほぼ閉まっていますが、ハイシーズンの週末などは営業するようです。
トイレもあります。景信山から陣馬山で、途中にある唯一のトイレです。

明王峠〜陣馬山(50分)

明王峠を過ぎると、途中でJR藤野駅方面へ降りる分岐が出てきます。
この縦走路は県境になっているので、標識も右側が東京都、左側が神奈川県のものになり、味わいが違います。(神奈川県の方が手作り感があります)

陣馬山のシンボルである白馬の像と対面すると、縦走の疲れもふっとびます!
眺望も最高で、晴れていれば丹沢、富士山、南アルプスを一望できます。
陣馬山には茶屋も3軒あるので、開放的な空の下でゆっくり休むことができますよ。

この区間のトイレ:明王峠、陣馬山

明王峠を出発。あまりアップダウンはなく快適な道です。
奈良子峠に到着。右側に陣馬高原下バス停へのショートカットコースが。やぶ、ぬかるみの荒れた道のようです。
左には陣場の湯を経て藤野駅に行くコース。神奈川県側の手作り感ある標識、好きです。
奈良子峠から陣馬山まで標高を上げていきますが、基本的には歩きやすい道が続きます。
右側に和田峠、陣馬高原下バス停への巻き道。
階段が出てくると陣馬山まではあと少し。
左側に行くと栃谷尾根を通り、藤野駅方面へ。
茶屋のテラスが見えてきました。もう陣馬山頂です。
陣馬山到着。ようやく陣馬山のシンボル、白馬の像とご対面です!
白馬像のすぐ近くに「富士見茶屋」があります。(写真右)
一段下がった西寄りに「清水茶屋」。山頂に3軒ある茶屋さんの中で、ここは平日も営業しています。
北側には「信玄茶屋」とトイレがあります。

陣馬山〜陣馬高原下バス停(60分)

陣馬山縦走で見逃しがちなのが、陣馬山頂からの帰り道。
高尾駅に向かう陣馬高原下バス停までは1時間かかるので、それを計算して行動スケジュールを考えましょう。
(※陣馬高原下バス停へのルートのほか、和田、陣場山登山口バス停から藤野駅に出るルートもあります)

この区間のトイレ:陣馬山、陣馬高原下バス停

陣馬高原下バス停への道は、トイレの近くから出ています。
陣馬山をあとにして、登山道を下っていきます。
分岐が出てくるので右へ。真っ直ぐすすむと和田峠へ。
右に曲がったらすぐ分岐があるのでバス停方面は左へ。
ここから「陣馬山新ハイキングコース」。急な下りを30分ほどひたすら降りていきます。「ハイキング」というにはハードな道です。
ひととおり下りきると川の流れにぶつかり、「陣馬山新ハイキングコース」の出口までもうすぐ。
一般道に出ました。ハイキングコースは終わり、これから舗装路を歩きます。
舗装路が20分ほど続きます。単調で一人だとちょっと寂しくなります。
左に水道局の配水所が。ここで舗装路の半分くらいです。
T字路が見えたら到着です。左がバス停、右方面は底沢峠、奈良子峠へのショートカットコースです。
T字路の角に、陣場そば「山下屋」さん。バスの待ち時間があるとき、休憩できますね。
陣馬高原下バス停。基本1時間1本です。最終は20時25分。(2019年4月現在)

陣馬高原下バス停へは、和田峠経由で下山するルートもあります。
和田峠ルートの詳細は、以下の記事を参考にしてください。

和田峠ってどんなところ? 和田峠から陣場山へ

また高尾山マガジンには、陣馬山を歩いた登山レポートがありますので、ぜひ参考にしてみてください!

12月奥高尾 縦走登山(陣馬山〜高尾山)に行ってきました!

奥高尾縦走 陣馬山編 前半(陣馬高原下バス停〜陣馬山)

奥高尾縦走 陣馬山編 後半(陣馬山~明王峠~景信山)

早春の陣馬山(陣渓園〜奈良子峠〜陣馬山頂)

この記事をシェア