登山コース

高尾山頂〜小仏城山コース

更新:

奥高尾の入門編。小仏城山でワンステップ上の高尾を。

全長:2.3km
所要時間:高尾山頂→小仏城山 70分、小仏城山→高尾山頂 60分
難易度★★★☆☆

「奥高尾」と聞くと登山経験のない方だと少し躊躇してしまいますが、下調べをして歩けば恐れることはありません。
小仏城山の標高は670.3mなので、599mの高尾山から70mほど高いだけですが、いったん下ってから上がるのでそれなりに登ります。ただ、全体的には急なところもなく、ゆったりと山歩きを楽しむことができるコースです。
高尾山内の登山道とは違い、巻き道(ピークを登らず平坦な道を回り込む)がところどころ出てきますので、要所要所の標識を見て、違う道に行かないように気をつけましょう。

高尾山頂〜小仏城山の地図
出典:地理院地図を加工して作成

高尾山頂〜もみじ台(10分)

もみじ台は高尾山頂から10分ほどしか離れていませんが、人もぐっと少なくなり、高尾山頂の観光地的な雰囲気から山の雰囲気になります。
空気の澄んだ日は富士山もよく見え、細田屋さんでお蕎麦も食べれます。
高尾山頂からすぐなので、もみじ台にだけ足をのばして山気分を味わってみるのもいいかもしれません。
ここまでなら、高尾山頂の延長気分で来ることができます。

この区間のトイレ:高尾山頂、もみじ台

高尾山頂からの階段を降りきったところ。5号路と交わります。写真の右は北側の巻き道です。
ちょっと進んだところ。もみじ台へは真っ直ぐです。階段でも坂でも同じところに着きます。左の赤いリュックの人が行く道は、南側の巻道。
登っているとすぐ奥に細田屋が見えてきます。
もみじ台に到着。右が細田屋さん。紅葉の時期は「もみじ台」の名前のとおり、木々が赤く色づきます。
空気が澄んだ日は、細田屋さん前のベンチから富士山がよく見えます。
一丁平側の端にトイレがあります。

もみじ台〜一丁平(30分)

もみじ台から先は登山の服装をした人やトレランの方を多く見かけるようになります。運動に適した服でも十分登れますが、高尾山内のように施設がないので、日が落ちると真っ暗になり、装備のない人は道迷いの可能性もあります。早めの行動計画を心がけましょう。
登山道はベンチなどの休憩スペースも多く、ゆったりと山歩きが楽しめます。一丁平の千本桜は有名で、春は多くの人で賑わいます。

この区間のトイレ:もみじ台、一丁平

長い階段が続きます。反対方向から来ると登りが結構大変なので、巻き道を使う方も結構います。
階段を降りきると巻き道と合流します。再び右に巻き道がありますが、初めての方は真っ直ぐすすみましょう。
前の写真の場所にある看板。ここで「学習の歩道」に入ってしまうと大垂水峠に行ってしまうので、よく確認してすすみましょう。
もみじ台から長く下ってきましたが、ここから登りです。
一丁平に到着です。開けたスペースになっています。
トイレの他、ベンチもあって休憩できるようになっています。
休憩したら先へすすみます。このあたりは春に桜がきれいで有名です。
また巻き道(右)と分かれますが、左の階段を登り展望デッキへ。
一丁平の展望デッキ。丹沢の山々や富士山が見えます。
展望デッキの向かいには、屋根付きの休憩スペースもあります。

一丁平〜小仏城山(20分)

小仏城山へは階段の登りが続きます。
引き続き巻き道との分岐がありますので、標識をよく見てすすみましょう。
小仏城山には「城山茶屋」「春美茶屋」の2軒の茶屋があるので、ゆっくり休むことができます。

この区間のトイレ:小仏城山

一丁平の展望デッキから下ると、巻き道と合流し登りになります。
平らな道になるともうすぐ巻き道との分岐に。
小仏城山へは左の道をすすみます。真っすぐは巻き道で、城山には登らずその先の小仏峠へ続きます。
またすぐ道が分かれますが、これはどちらに行っても先で一緒になります。
あともう少しで城山です。
また分岐がありますが、ここは真っ直ぐすすみます。左は大垂水峠方面に行く道です。
最後の登り。これを登れば小仏城山です。
小仏城山に到着です。城山には2軒の茶屋があります。
ベンチなど休憩スペースはもたくさんあります。写真の奥には高尾山が望めます。
大きめのトイレもあるので、奥に進む方はここで済ませておきましょう。

小仏城山から先の景信山までのコース解説はこちら。

小仏城山〜景信山コース

小仏城山から相模湖へ向かうコース解説はこちら。

小仏城山〜相模湖コース

高尾山マガジンでは、城山茶屋のご主人に、城山の歴史やお店の名物「なめこ汁」や「特大かき氷」について聞いたインタビュー記事があります。ぜひご覧ください!

VOL04 城山茶屋・尾嶋典善さん

一丁平の千本桜についてはこちら。

高尾山「一丁平」の千本桜が見頃に。見どころと観察スポット解説。

また、このルートを歩いたブログ記事があるので、ぜひ参考にしてみてください。

涼を求めて♪ 城山名物の巨大かき氷を食べに行って来ました!

この記事をシェア