HOME > ブログ > コラム > 高尾山ふもとに観光拠点施設が!「TAKAO599MUSEUM」H27年度オープン

高尾山ふもとに観光拠点施設が!「TAKAO599MUSEUM」H27年度オープン


八王子市は平成27年度のオープンに向け、「高尾の里拠点施設」の建設を平成25年度から開始します。

建設予定地は旧都立高尾自然科学博物館の跡地になり、市は高尾山口駅やケーブルカー清滝駅などを含むふもと一帯を「高尾の里」として整備する方針で、施設はその中核的存在になるとのことです。

学識経験者や地元関係団体からなる「高尾の里拠点施設整備あり方検討会」が昨年報告書を作成しており、八王子市のHPでそれらを見ることができます。

→「高尾の里拠点施設整備あり方検討会の報告書

報告書によると、施設の名称は「TAKAO 599 MUSEUM」。
アドバイザーには「無印良品」のグラフィックやムービー制作を手がける、アートディレクターの大黒大悟氏も参加していて、とても期待の持てる内容になっています。

「※報告書に掲載されているイメージ図及び施設名称は検討会が提案したものであり、決定したもののではありません。」とのことですが、現時点での計画を以下に抜粋してみたいと思います。

拠点施設は大きく「くつろぎスペース」「展示スペース」「映像スペース」の3つのゾーンで構成されます。

1.くつろぎスペース

CAFE機能をもち、外と内が連動して、外は芝生で自由にくつろげる、スペースのようです。


イメージ図を見るととても気持ち良さそうなスペースです。
こんなカフェテリアがあれば絶対利用します。

2.展示スペース

高尾山の豊かな生態系をより魅力的に伝える、ということです。

子どもたちのための学習コーナーなども、充実させるようです。

3.映像スペース

「NATURAL WALL」として、壁面にダイナミックな映像を流します。


春夏秋冬の様子を見せたり、標本の展示と連動させたりするようです。

そのほか、いろいろな「ギャラリー高尾」「599 BOOKS」など、様々な内容が検討されています。

名称およびブランディングは「TAKAO599MUSEUM」ですすんでいるようです。

「599」は高尾山の標高599mからきています。

今後オープンまでの過程でいろいろ変更は出てくると思いますが、オープンまでの時間と、これだけ大掛かりな施設の建設にかかる時間を考えると、大きな変更はなく進むのではないかと予想しています。
これからオープンまで徐々に発表や動きがありそうで楽しみですね。

ブログカテゴリー の一覧

最新情報

標高599m