ニュース

焚き火でつくるラーメン「タキビメン」。2/1〜3/15に高尾山の麓のホテル「タカオネ」で

投稿日:

寒い冬になるとアウトドアの遊びも控えめになりがちですが、高尾山の麓で身も心も温かくなるメニューがあります。
高尾山の麓にあるホテル「タカオネ」は中庭で焚き火ができるのが特徴ですが、その焚き火でラーメンをつくれる「タキビメン」というメニューが2/1(水)〜3/15(水)の期間、提供されます。

「タキビメン」のポスター

「タキビメン」は2022年から始まり、今年で3回目。焚き火専用の袋麺を使って、お好みのトッピングも選べて作るラーメンですが、今年はこだわりの「赤味噌」と「塩とんこつ」の2種類の袋麺が選べます。袋麺は1つ100円です。

「赤味噌」の袋麺
「塩とんこつ」の袋麺

それぞれの袋麺に合うトッピングセットが、300円・600円・800円というバリエーションで用意されているので、どれにするか選ぶのも楽しみですね。

トッピングセットの一覧

利用方法ですが、タカオネのカフェカウンターで袋麺とトッピングセットを購入し、あとは焚き火セットを800円で購入します。
タカオネのSNSをフォローすると、焚き火セットがその場で500円オフになりますので、購入時にフォローするとだいぶお得になりますよ。

タキビメンの作っている様子などは、昨年高尾山マガジンでタキビメンを体験した記事がありますので、ぜひそちらを参考にしてみてください。
【関連記事】高尾山口駅前のホテル「タカオネ」で焚き火でつくるラーメン「タキビメン」。寒い冬でも焚き火で熱々のラーメンを

タキビメンを体験したときの様子

あと、今年は初の試みとして、「アウトドアトッピング」というレンタルシューズやシャワー、近くの温泉とセットになったプランもあります。
タキビメンを楽しんだ後は、ぜひ高尾山登山や温泉施設も合わせて楽しんでみてください。

アウトドアトッピングのメニュー

タキビメンについての詳細な情報は、タカオネの公式ページをご覧ください。

この記事をシェア