HOME > 食べもの > 香住売店(天狗焼き)

香住売店(天狗焼き)


IMG_9028_re

名物天狗焼きが絶品!シーズンには行列ができるお店

ケーブルカーを登って、山腹にある「高尾山駅」を降りたすぐのところにあるのが「香住売店」。
このお店は天狗の顔をかたどった「天狗焼き」で有名です。
他にもソフトクリームなど取り扱っていますが、ほぼ「香住売店」=「天狗焼き」というくらいの人気です。

天狗の顔の「天狗焼き」。かわいいです。

天狗の顔の「天狗焼き」。かわいいです。

天狗焼きは、パリッとした生地の皮に、北海道産の黒豆を使ったあんこが入っているたいやきのようなお菓子です。天狗の顔はデフォルメされていて絶妙にかわいらしく、食べるのを一瞬ためらってしまうほどです(笑)。
売られ始めたのは意外に最近で、2007年から発売されています。

中には黒豆餡がぎっしり。結構ボリュームがあります。

中には黒豆餡がぎっしり。結構ボリュームがあります。

黒豆にはこだわりが。生産から餡になるまでの解説が掲げられています。

黒豆にはこだわりが。生産から餡になるまでの解説が掲げられています。

店先では、焼いたときに出た切れ端をざるに入れて置いています。
これは買うときに好きにつまめるので、ぜひ試してみましょう。
これだけでも結構おいしいですよ。

切れ端をつまめます。心憎いサービスですね^^

切れ端をつまめます。心憎いサービスですね^^

しかしこの天狗焼きは、あまりの人気に、混雑しているときは長蛇の列ができます。
紅葉などのハイシーズンには、ケーブルカーの列の横に、もうひとつ天狗焼きの行列ができるのです。
ケーブルカーを待つつもりが天狗焼きの行列に並んでた、なんて人もたまにいます。

左が天狗焼きの列。右がケーブルカーの列。天狗焼きの列はビアマウントの階段まで延びてます・・・。

左が天狗焼きの列。右がケーブルカーの列。天狗焼きの列はビアマウントの階段まで延びてます。

天狗焼き待ちの行列。後ろから見たところ。

天狗焼き待ちの行列。後ろから見たところ。

天狗焼きはここ香住売店でしか売っていないので(登ってこないと買えない)、食べたければ並ぶしかありません。
一度、スーパーのイベントで販売されたこともあるようなので、そのうち他でも買えるようになるかもしれませんが、ずっと「登ってこないと買えない」のもいいですね。

好調な売れ行きを見せている天狗焼きは、2011年9月に販売個数が100万個、2013年10月には200万個を突破しました。
すっかり高尾山の名物になった天狗焼き。空いてるときはぜひゲットしてみてください。

ハイシーズンじゃないときはこのくらい。あまり待たずに買えます。

ハイシーズンじゃないときはこのくらい。あまり待たずに買えます。

基本情報

住所 東京都八王子市高尾町2181(ケーブルカー「高尾山」駅前)
TEL 042-665-1808
営業時間 9:30~15:30
定休日 年中無休(臨時休業あり)

天狗焼き 130円


食べもの 一覧

最新情報

標高599m