食べもの・グルメ

高尾ビールタップルーム(ランタン)

高尾駅北口0分で醸造所直送のクラフトビールを

高尾発のクラフトビール「高尾ビール」が、常設店となる「高尾ビールタップルーム」を2019年9月、高尾駅北口にオープンしました。
今までは駅から少し離れた恩方の醸造所か、地元酒屋に置いているボトルでしか飲めませんでしたが、このタップルームでは醸造所直送のつくりたての生ビールを飲むことができます。

タップルームが入っているのは、複合飲食店「Lantern|ランタン」。
場所は高尾駅北口徒歩0分という好立地にあります。

「ランタン」には高尾ビールタップルームの他に、和食小料理店の「ミハラキッチン」も入居しています。
ミハラキッチンも「ランタン」オープンのために近くから移転してきました。
高尾で人気の2店舗がタッグを組んで、新たな魅力的なお店をオープンしたかたちです。
9/7にプレオープン、9/13からグランドオープンをして本格的に営業を開始しました。

高尾駅北口の改札を出てすぐ見える建物(St.PAULの看板の建物)の2階に「ランタン」はあります。
お店の入口には「LANTERN」のロゴが書かれたオレンジのフラッグが掲げられています。

「ランタン」という店名ですが、高尾駅の北口はお店も少なく、夜になると暗くなります。そんな高尾駅の北口をお店の灯りで照らしたい、という願いが込められているそうです。

階段を上がって店内に入ると、左がミハラキッチン、右が高尾ビールタップルームになります。
面積としてはミハラキッチンの方が広めのスペースになります。

左がミハラキッチン。右がタップルーム。

タップルームは、カウンターに3席、窓際に2席、あとはスタンディングの席になります。
内装は八王子市内でオーダー家具製作を手掛ける「WALDEN」が担当していて、建物の外観からは想像もできないセンス良く居心地のいい空間になっています。

高尾ビールタップルーム。この日はトレラン帰りの方などで賑わってました。

タップルームで提供されるのは、恩方の醸造所「おんがたブルワリー」から直送される高尾ビールとゲストビール。
高尾ビールは時期によっても違いますが、数種類が提供されています。
この日は、

  • Lantern White(ランタンの開店にあわせて作られたベルギースタイルのビール。Belgian White)
  • 梨WIPA(12種類もの梨を使って仕込んだDouble IPA)
  • 森は生きている(季節限定醸造のシリーズ。この日はうめ・しそ・ビーツのSour Saison)

が用意されていました。

ゲストビールもそのときどきで変わり、国内外の厳選したクラフトビールが提供されています。

壁にかけられたメニュー。サイズはレギュラーとスモールがあります。
この日の1杯目は梨IPA。スモールサイズです。
窓からは歴史ある高尾駅の駅舎を眺められます。これもランタンの魅力のひとつ。
ミハラキッチン側を見たところ。この日は席に余裕がありましたが、人気店なので予約していった方がよいですよ。
カウンターで高尾ビールの池田さんや、隣に座った方と高尾について話すのもまた楽しい。
日が暮れてきた駅舎の風景もなかなか良いです。窓にランタンのロゴが浮かび上がって見えます。

料理は、お隣のミハラキッチンで数種類オーダーすることができます。
日によって違いますが、この日は「ポテトサラダ(自家製いくらとサーモン)」「PIZZA(酒かす明太子とブルーチーズ)」「うずらの唐揚げ」「ラタトゥイユ(仙台牛入り・バケット添え)」「スペアリブオーブン焼き(ビール仕込み)」など、どれも趣向を凝らした料理ばかり。
ぜひ一緒に楽しみたいですね。
この他、簡単なミックスナッツ、プレッツェル、オレゴンのポテチなども用意されています。

FOODメニュー。ミハラキッチンからの料理とスナックがあります。

こんな魅力的なタップルームをオープンさせた高尾ビール。
高尾ビール代表の池田さんは、もちろん美味しいビールもつくりますが、ビールを通して高尾の街を活性化させようとしている仕掛け人でもあります。

タップルームの開設前は、同じく高尾駅北口にある「きくやホテル」で、月1回「Takao Beer Stand」というイベントを開催していました。
高尾ビールの他、高尾を拠点にするヴィーガンフードブランド「ULTRA LUNCH」、ファッションブランド「NEW WAY, NEW LIFE」がふるまうコーヒー、 にがお絵の「TAKAO PORTRAIT STAND」など、高尾のクリエーターたちを巻き込んだイベントは、毎月大勢の人が集っていました。

また、高尾の街をテーマにした小冊子「たかお」を創刊したりと、その活動はビールメーカーの枠を越えて広がっています。

高尾山マガジンでも以前池田さんにインタビューさせていただき、ビールを作り始めたきっかけ、高尾への想いをお聞きしていますので、ぜひご覧ください。

VOL11 高尾ビール・池田周平さん

あと注意点ですが、現在タップルームは金、土、日の営業となっています。
月〜木はビールづくりをされているようで、毎日営業しているわけではありません。

営業時間
金 17:00-22:00
土 15:00-22:00
日 15:00-20:00

イベントの出展などで営業日が変更になる場合もありますので、高尾ビールのSNSでチェックしてからお出かけください。

基本情報

住所 東京都八王子市高尾町1200-1-2階 Lantern内
アクセス JR中央線/京王線 高尾駅 北口改札から徒歩0分

営業時間
金 17:00-22:00
土 15:00-22:00
日 15:00-20:00
定休日 月〜木
座席数 8席(スタンディング含む)
会計方法 キャッシュオンデリバリー

※持ち帰り用プラカップ提供あり。ボトルのお持ち帰り販売は行っていません。
※飲食物のお持ち込みはご遠慮ください。
※山用ガスバーナーなど火器使用厳禁です。

この記事をシェア