食べもの・グルメ

栄茶屋

更新:

こだわりの手打ちそば。自然薯そばと充実のサイドメニュー。

高尾山のふもとには多くのおそば屋さんがありますが、その中で1軒、ガラス越しにそばを打っているお店があります。
実は高尾山のおそば屋さんには工場からそばを仕入れているお店も多いのですが、ここ「栄茶屋」では打ち立てのそばを味わうために、職人さんが毎日そばを打っています。

店頭のガラス越しでそばを打っています。

また、高尾山のおそばは「とろろそば」が有名ですが、ここ栄茶屋では「自然薯そば」を食べることができます。
自然薯そばは、栄茶屋のウェブサイトによると「真芋ならではの野生の醍醐味」とあります。普通のとろろに比べ粘り気もあり、そばに絡みついて美味です。

自然薯そば(冷)

テーブルには自然薯そばの食べ方ガイドが置かれていて、それによると、
「おつゆの色がわからなくなり泡立つ位まで混ぜればOK」
「残った自然薯汁に麦飯を投入すると、とろろ飯の出来上がり!これ絶品です!」
とのこと。
試さないわけにはいかないですね。

テーブルに置かれた「自然薯そばの召し上がり方」。
泡立つまでかき混ぜます。
そしてとろろ飯。もちろん絶品でした!

自然薯そば以外のおそばも、いろいろあります。

天狗そば。大きなきくらげ「天狗の耳たぶ」が入ってます。
天もり(冷)。天ぷらもさくさくでおいしい。

また栄茶屋では、おそばだけではなく、サイドメニューも充実しています。

まずは名物「天狗の耳たぶ」。
「天狗の耳たぶ」とは、地元八王子で作っているきくらげのことです。
中国産のきくらげとは違い、大きく、肉厚で、その見た目から、「天狗の耳たぶ」と呼ぶようになったとのことです。
「天狗そば(旧名:天狗の耳たぶそば)」の他、天ぷらや油炒めでも食べることができます。

天狗の耳たぶの天ぷら

そして、店頭の看板にも「そば・川魚」とあるように、川魚の塩焼もいただけます。
岩魚の塩焼のほか、季節によっては天然鮎の塩焼きもあります。

他にも、「原木椎茸のフライ」、「わらびのお浸し」などの山菜もの、焼き鳥など、おつまみになるメニューがたくさんあり、登山帰りに飲むのには最高のお店です。

原木椎茸のフライ

高尾山では数少ない手打ちのそばを楽しめて、しっかりと料理を楽しめるお店ですね。

店内にテーブル席や座敷席、店外にも席がありますが、ハイシーズンなどは行列ができることも。

人気店なので、週末は待つこともあります。
店内はテーブル席のほか、座敷やカウンター席も。

団体(6名様以上)の予約も受付しているようなので、グループで行くときは利用してみてはいかがでしょうか?
予約のときは、コースになるようですが、詳しくは栄茶屋のウェブサイトをご覧ください。

基本情報

住所 東京都八王子市高尾町2479
電話 042-661-0350
営業時間 11:00~
定休日 不定休
公式HP https://sakaechaya.jp/

メニュー

自然薯そば(温・冷) 1,340円
天もり(冷) 1,630円
麦飯(中) 200円
天狗の耳たぶ天ぷら 850円
原木椎茸のフライ 780円
岩魚の塩焼 850円

この記事をシェア