更新:

撮影日:12/04/20  撮影者: s_endo

スミレ科

沢沿いの日当たりのよい斜面や林のふち、道端などに生える多年草(複数年のあいだ育成する植物)。
葉の形がまるいことから「円葉菫」(マルバスミレ)の名が付けられた。
同じように円形の葉をもつアオイスミレとよく似ているが、マルバスミレの葉は先がとがりハート形に近いので見分けがつく。

花の直径は2センチほどで、花びらもまるみがあり、横に開く花びらには少し毛がある。
主に白色だが、なかには花びらの裏が淡い紅色をしたものもある。
群生することが多く、花の時期はとてもよく目立つ。
距(きょ:花びらの後方にある袋状の部分)は長さ約6~7ミリで、紫色の斑点があるのが特徴である。
花の時期の葉は長さ約2~4センチだが、夏葉になると長さ約7~8センチまで大きくなり、背丈も約30センチと高くなる。

●季節 4月上旬~5月上旬頃
●高さ 約5~10センチ
●場所 3号路、裏高尾

(テキスト提供:八王子市産業振興部観光課)

撮影日:13/04/23  撮影者: s_endo
撮影日:13/04/23  撮影者: s_endo
撮影日:13/04/01  撮影者: s_endo
撮影日:13/04/17  撮影者: s_endo
撮影日:13/04/23  撮影者: s_endo

この記事をシェア