HOME > 食べもの > 城山茶屋(なめこ汁、かき氷)

城山茶屋(なめこ汁、かき氷)

shiroyama_mainph

陣場や相模湖に向かうハイカーのオアシス。なめこ汁は絶品!

奥高尾を歩く人にとって、小仏城山は大事な休憩ポイントです。
小仏城山は、高尾山頂から陣場山・景信山に縦走するルートと、相模湖に行くルートの分岐点になっています。
この先、景信山などの茶屋は平日に営業していないので、多くの人がここで食事をとる休憩をしていきます。

小仏城山から高尾山を望む。

小仏城山から高尾山を望む。木彫りの天狗は2011年くらいに設置された。

「城山茶屋」はご主人の気さくな人柄や豊富なメニューから、ついつい引き込まれてしまうお店です。

ここ城山には「城山茶屋」と「春美茶屋」という2軒の茶屋が背中合わせで立っていますが、実は「城山茶屋」は神奈川県で「春美茶屋」は東京都のお店になります。
城山から陣馬山までの尾根は東京都と神奈川県の県境になっているのですが、なんと2軒の茶屋の接しているところがちょうど県境になるそうです。

小仏城山の2軒の茶屋。左が城山茶屋。

小仏城山の2軒の茶屋。左が城山茶屋。

城山茶屋を訪れる多くのハイカーが目当てにしているのが、名物のなめこ汁。
寒い季節にここでいただくなめこ汁は、身も心も暖めてくれる絶品。
ぜひ七味を入れてお召し上がりください。

名物なめこ汁

名物なめこ汁。大きい七味のボトルを貸してくれます。

なめこのヌメリが身体をあたためてくれます。

なめこのヌメリが身体をあたためてくれます。

なめこ汁に入っている豆腐は、裏高尾にある「峰尾豆腐店」のものを使っているとのこと。
とろっとしていて身体を温めてくれるなめこ汁は、奥高尾の人気メニューです。

 
夏にはこれまた名物のかき氷が有名です。
思わず目を疑いたくなるような高さで、ついついテンションが上がってしまいます。

城山かき氷

うず高く盛られたかき氷!400円。ハーフの300円もあります

聞けばこの高さにしたのは今のご主人のアイデア。
どうやって食べようかと悩むのですが、外側が固められているので、てっぺんから中心部を掘っていくような感じで食べていき、内側を食べてから外側を崩していくとうまく食べられます。
味はレモンやイチゴ、メロンなど各種選べます。

これら名物のほかにも、ビールやドリップコーヒー、菓子パン、インスタントラーメンなどあります。

飲み物などのメニューも豊富。たくさんの机とベンチが並び、景色を楽しみながら食べることができる。

飲み物などのメニューも豊富。たくさんの机とベンチが並び、景色を楽しみながら食べることができる。

城山茶屋の周りにはいつも数匹の猫がいて、登山客たちをなごませています。
茶屋のご主人に聞くと、猫の数が増えすぎたときに、やはり国定公園という土地柄良くないということで、去勢をしているとのこと。

写真を撮った日は、2匹の猫ちゃんがいました。

写真を撮った日は、2匹の猫ちゃんがいました。

タイミングがいいと相模湖側に富士山が見えたりして、ついつい腰を落ち着けてしまう茶屋です。
高尾山マガジンでは、茶屋のご主人 尾嶋典善さんにインタビューを行いました。

→「VOL04 城山茶屋・尾嶋典善さん │ インタビュー

茶屋の歴史やメニューの裏話などお聞きした力作ですので、ぜひご覧ください!

基本情報

住所 東京都八王子市裏高尾町1885−2
電話 042-665-4933

なめこ汁 250円
おでん 500円
かき氷 400円
ドリップコーヒー 200円
缶ビール(350ml) 400円


食べもの 一覧

最新情報

標高599m