ブログ

【高尾山の桜情報 4月6日】ふもとと山腹は満開! 山頂はまだこれからだが、奥高尾の桜の名所「一丁平」は見頃間近

編集部

投稿者:

投稿日:

標高で満開の時期が違う高尾山。
ふもとは少し前から満開でしたが、山腹でも満開になってきました。
標高の高い高尾山山頂や奥高尾はまだこれからですが、奥高尾の中でも、桜の名所「一丁平」は意外にも開花がすすんできていて、もうすぐ見頃になりそうな雰囲気でした。
4月6日現在の高尾山の桜開花状況をご覧ください。

去年撮影した高尾山各スポットの満開の桜はこちら

ふもと(ケーブルカー清滝駅前)

ふもとでは、ケーブルカー清滝駅前が桜の名所になっています。
一週間ほど前から見頃になっていて、数日前の雨で散ってしまうかと心配しましたが、まだまだ見事に咲いています。

ケーブルカー清滝駅前広場。まだ見事に咲いています。
1号路入口の桜。この日は薬王院の儀式がありました。

山腹(ケーブルカー高尾山駅前)

ふもとから標高が上がる山腹では、少し前までは咲き始めの状態でしたが、今は見事に桜が満開になっています。
ケーブルカーの上の駅「高尾山駅」周辺も、桜がたくさん植えられています。
高尾山スミカやビア・ビュッフェ(ビアマウント)などの飲食店もあるので、桜とともに食事も楽しめそうですね。

ケーブルカーを降りて見上げると、ビアマウント会場の横に大きな桜が。
高尾山スミカの「三福だんご」そばにある桜。
「三福だんご」前には展望台があり、そこからも桜を楽しめます。

山腹(薬王院)

高尾山の中腹にあるお寺「薬王院」でも桜を見ることができます。
なかでも見ごたえがあるのが、「仁王門」の横にあるしだれ桜。
毎年美しくピンク色に咲き、参拝客を出迎えてくれます。

オレンジの門が仁王門。左横にきれいなしだれ桜があります。
寺社の建物と桜は絵になりますね。

高尾山山頂

山頂ではまだ桜は見頃になっていません。
ふもとからは約400m、中腹のケーブルカー駅からも200m以上標高が違いますので、開花の進みも違ってきます。
山頂には大きなヤマザクラがありますが、この木が例年高尾山で一番遅く満開になります。

高尾山山頂のヤマザクラ。まだあまり咲いていません。
2分咲きといった具合でしょうか。
展望台の先に1本だけ桜があります。天候に恵まれれば、富士山と一緒に撮れます。

奥高尾(高尾山山頂〜小仏城山)

高尾山の山頂から先、奥高尾の小仏城山までの登山道は道沿いに桜の木が多く、歩きながら桜を楽しめます。
しかし、今年はまだあまり咲いている木はなく、これからという感じでした。
あと一週間くらいはかかりそうですね。

小仏城山までの登山道の桜はまだこれからです。

奥高尾(一丁平)

しかし、高尾山山頂から小仏城山の途中にある「一丁平」では、かなり桜が咲いてきていました。
一丁平は桜の名所として知られ、約1,000本の桜が植えられています。
登山道沿いの桜があまり咲いていないので意外だったのですが、もうすぐで見頃を迎えるかもしれません。

一丁平。この先の展望台や巻き道周辺に多くの桜があります。
既に満開に近い木も。
ソメイヨシノだけでない桜が楽しめます。
一丁平にはベンチやテーブルが多くあり、休憩もできます。
少し離れた巻き道から一丁平を眺めたところ。多くの桜があることがわかります。

まだ見頃まではもう少しという感じですが、今の時点でも充分きれいでした。
あと数日するとだいぶ咲いてきて、見頃になってきそうです。

一丁平の桜については、過去の記事をご参考にしてください。
【関連】高尾山「一丁平」の千本桜が見頃に(2021年)。見どころと観察スポット解説。

* * *

以上、4月6日現在の高尾山の桜開花状況でした。
これからは山の上でも桜を楽しめるようになってきますので、街で桜を見逃した方はぜひ高尾山へハイキング&桜見学にお出かけください。

この記事をシェア