ブログ

高尾山の桜開花状況2019

編集部

投稿者:

今年(2019年)は都心では去年同様早く桜が開花しましたが、高尾山は都心に比べて気温が低いため、ふもとのソメイヨシノが、3/24あたりにようやく開花しました。
寒の戻りもありなかなか開花がすすみませんでしたが、4月に入り暖かい日が続き、4月4日の時点でふもとでは満開になっています。
(去年は3/29には満開だったので、ふもとでは去年より一週間ほど遅い満開となりました)

高尾山ではふもとから山頂まで標高によって開花時期が異なり、4月5日の時点で山腹でも8分咲きくらいになってきています。(こちらは去年と同じくらいかもしれません)
4/4、5に取材してきましたので、場所ごとに桜の様子を見てみましょう。

ふもと(ケーブルカー清滝駅前)

ふもとはケーブルカー清滝駅前の広場に桜があるのですが、ほとんどの桜の木が満開になっていて見頃です。

ケーブルカー清滝駅前広場。
1号路入口にある桜。
ケーブルカー駅前に数本の桜があり、奥にはまだ満開になっていない木もあります。
駅に一番近い桜が一番大きく、撮影スポットになっています。
駅を背景に撮ると絵になりますね!

山腹(ケーブルカー高尾山駅周辺)

山腹はほぼ満開に近いのですが、木によってはこれからのところもあり、全体として8分咲きといったところでしょうか。
標高が少し高くなるので、ふもとより開花時期は遅くなります。

高尾山スミカ前展望台

ケーブルカー駅前にある「高尾山スミカ」横にも桜があります。(少し上が切られていますが)
その向かいにある展望台からは眼下に桜を見ることができます。

ビアマウント会場展望台(高尾山BBQマウント)

夏、ビアマウントが行われる会場は、オフシーズンは無料の展望台として開放されています。
(「高尾山BBQマウント」や「高尾山キッチンむささび」として営業もしています)
桜を頭上から見下ろせて、満開の時期には格好の撮影スポットとなります。

桜を同じ目線で見ることができます。奥に見えるのは八王子ジャンクション。
展望台からケーブルカー高尾山駅を見下ろしたところ。
席の真横で桜を楽しめます。この時期は「高尾山BBQマウント」が開催されています。
展望台を下から見上げたところ。この写真の桜とひとつ前の写真の桜は同じ木です。

薬王院

薬王院にはひときわ美しいシダレザクラがあり、本堂にあがる階段の途中(仁王門の直前)で見ることができます。

仁王門の左に美しいしだれ桜があります。
真横から見たところ。建物とのバランスがとても美しいです。

本堂から階段をさらにあがった本社、奥の院にも桜の木があります。奥の院の桜は満開になっていました。
奥の院は薬王院の敷地の一番上にあり、山頂へ向かう1号路の途中になります。

奥の院の横にも桜が咲いています。この先、薬王院の敷地を出て、山頂に向かう1号路が続いています。

山頂

山頂にはヤマザクラがありますが、例年山腹までのソメイヨシノに比べ開花が遅くなっています。
取材時(4/5)にはまだ2分咲きくらいでした。

山頂のヤマザクラ。ビジターセンター、曙亭の前あたりにあります。
徐々に開花してきてはいます。
ソメイヨシノとはまた違った美しさがありますね。

【追記】その後数日で、山頂のヤマザクラはほぼ満開になったとの情報がありました。

山頂のヤマザクラ。2019/04/13撮影。満開で美しいです。

都心で満開の桜を見逃した人も、高尾山の上の方にくればまだ見れるかもしれません。
山頂の奥、小仏城山の手前にある「一丁平」も桜の名所になっていて、こちらはまた更に時期が遅くなっています。
こちらまで足を伸ばしてみるのも楽しそうですね。

【追記】4/13時点で、葉が少し出て、満開がちょっと過ぎてしまったようですが、まだまだ見頃のようです。

一丁平の桜。2019/04/13撮影。

番外編

高尾山口駅前を流れる案内川には、ソメイヨシノより早く咲く桜があります。(種類を特定できてないのですが・・・)
こちらの桜は3/20頃にはほぼ満開になっていて、他のふもとの桜より1〜2週間ほど早い開花になっています。
時期をずらして楽しめるのもいいですね。

案内川に咲く桜。高尾山口駅からケーブルカー駅に歩く途中にあります。
種類がわからないのですが、早咲きの桜です。

また、高尾山マガジンには去年(2018年)の開花状況の記事もありますので、ぜひ参考にしてみてください。

ブログ

この記事をシェア