ブログ

タカオスミレを購入してみました

編集部

投稿者:

高尾山は多くの種類のスミレが咲くスミレの観察スポットとして有名ですが、その中でも人気なのが「タカオスミレ」。
高尾で初めて発見されたことから「タカオ」の名がつく、高尾山を代表するスミレです。
3〜4月にかけて、タカオスミレを目当てに多くの人が高尾山を訪れます。

高尾山で咲く「タカオスミレ」(撮影:kuro)

このタカオスミレ、実は購入できるってご存知でしたか?
もちろん、高尾山に生えている植物を採取するのは禁じられているので、絶対NGです。
販売しているものは、種苗業者さんが育てたもので、高尾山に自生しているものを販売している訳ではありません。
ガーデニング大手の「園芸ネット」さんでも取り扱いがあります。(在庫なしのことが多いようです)

高尾山では、野草園の前で数量限定で販売をしているときがあります。
3月のある日に野草園前を通った際に見かけたので、すかさず購入してみました。

さる園・野草園の前でタカオスミレの苗を販売していました。値段は510円。
タカオスミレは人気で残りわずか。

タカオスミレのほかに、ヒカゲスミレやセッコクなども販売していましたよ!

野草園でタカオスミレの植え方を聞いてみると、鉢植えでも地植えでもどちらでも大丈夫とのこと。
タカオスミレはヒカゲスミレの仲間なので、日当たりのいいところよりは、ジメッとした日陰の方が適しているようです。

どちらの植え方にしようか悩みましたが、水やりの手間などを考えて、庭の日当たりが少なめのところに地植えにすることにしました。
苗を買ってから数日暖かい日が続いたので、植える前にポットの状態で花が一輪咲きました。

ポットの状態で花が咲きました。
日当たりの少なめの場所に植えてみました。
白い花弁の可憐な花です。葉はまだ小さめですね。大きくなるとこげ茶色の葉になるはず。

あのタカオスミレが自宅の庭にあるなんて、ちょっとした感動です。
我が家は八王子市内の高尾と似た環境の場所にあるので、このまま育って、毎年庭でタカオスミレが見れるといいな〜、と願っています。

実は以前も野草園でタカオスミレの苗が置いてあるのを見かけたのですが、そのときは5月でもう時期が過ぎていて、あまり状態が良くないということで販売されていませんでした。
3月あたりがベストシーズンなのかもしれませんね。
興味のある方は、販売しているのを見かけたらぜひトライしてみてください。

繰り返しになりますが、高尾山内にある植物を採取するのは禁じられていますので、絶対NGです。
ご注意ください。

高尾山マガジンには以前、日影沢でタカオスミレを探したレポート記事もあります。ご参考に。

タカオスミレ

この記事をシェア