ブログ

3号路 かつら林の新緑

編集部

投稿者:

3号路は「かつら林コース」という名称がついているように、コースの途中でかつらの木を見ることができます。
繊細な枝を持つかつらは、新緑の季節には鮮やかな緑、紅葉の時期には黄葉を楽しめます。

かつら林があるのは、3号路の山頂寄り、5号路との交点近くです。

山頂近くの3号路と5号路の交点。右の3号路方面を下るとかつら林がある。
しばらく歩くと右側にかつら林が見えてくる。右手に高くそびえている木々がカツラ。
木の上のほうに繊細な新芽をつけます。2012年5月撮影。
かつらの木を下から見上げたところ。

かつらの木は、元々高尾山に生えていたわけではなく、大正時代に植林されたもの。
3号路のほか、日影沢でも多く見ることができます。

カツラの説明板。落書きはいけません。

看板によると、かつらは全国で広く生育している高さ30mにもなる高木とのこと。
用途が広く加工用に使われるので、植林されたのでしょうね。
現在は高尾山のかつらは加工用途では使われないと思いますが、美しい葉で登山客を楽しませてくれています。

かつら林のあたりから、そのまま3号路を降りることもできますが、途中「富士道」という裏道で薬王院に抜けることもできます。興味のある方は試してみてください。

地図にはない裏道「富士道」。山頂までの快適ルート

この記事をシェア