ブログ

高尾山口駅前の川沿いエリアが整備されリニューアルへ。2020年11月から工事が開始。

編集部

投稿者:

高尾山口駅を降りると、多くの観光客・登山客がケーブルカー駅へと歩いていきますが、その左側に「案内川」という川が流れています。
八王子市は、この案内川および周辺を「(仮称)高尾山ふもと公園」として整備することにしていて、東京都が行う案内川護岸工事とあわせ、2020年11月からいよいよ工事が始まりました。

八王子市のHPをみると、数年前から高尾山口駅周辺地区の整備が計画され、地元住民、市民、学識経験者でワーキンググループがつくられ、準備がされていたことがわかります。
参考)高尾山口駅前水辺広場利活用ワーキンググループについて|八王子市公式ホームページ

HPに掲載されているワーキンググループの活動内容をまとめたチラシ「かわら版」には、整備方針の模型や図があり、完成したあとの姿を想像することができます。

ワーキンググループで使われていた模型。「かわら版(第一号)」から。
(仮称)高尾山ふもと公園整備方針。「かわら版(第三号)」から。

大きなポイントとしては、階段広場ができて川に降りていけるようになることです。
案内川でお子さんが遊んだり、水に触れたりする、新たな楽しみ方ができるようになりそうです。

整備される案内川。甲州街道(国道20号)側から見たところ。

また植栽の整備もされるようで、今は木々でふさがれて見通しが悪い空間も、明るく水辺の景観を楽しめる広場へ変わりそうです。
ワーキンググループであがった意見をみると、現在は見通しが悪いため防犯性に欠けたり、管理面でも問題があったようです。
この整備に伴い、今まであった大きな観光案内看板は撤去され、イチョウなどの木々は伐採されます。
慣れ親しんだものなので少し寂しい気もしますが、空間として改善されることを期待したいですね。

既に工事が始まっています。撮影:2020/11/11
観光客を出迎えた観光案内看板も11/9に撤去されました。このイチョウの木の紅葉も今年が最後。
現場に掲示されている工事の案内。

工事は八王子市による公園の工事に先がけて、東京都による防災工事(河川の護岸工事)が行われるかたちになるようです。
まずは現在、防災工事が行われています。
案内川は去年(2019年)の台風でも氾濫していますので、護岸整備を行い防災性の向上も図られます。

防災工事の終了は令和3年(2021年)6月下旬とのことですが、その先の公園工事のスケジュールは未定のようです。(令和4年度以降?とちょっと先みたいです)

工事の進捗があれば、また写真などアップデートしていきたいと思います。
駅前ホテルも2021年夏にリニューアルオープンすることが決まっていますので、2021年は高尾山口駅前の景観がまた変わってきそうですね。

この記事をシェア