ブログ

高尾山紅葉情報 2019(11月7日現在)。山頂が色づき始めふもとや薬王院はこれから。小仏城山が見頃!

編集部

投稿者:

11月中旬から紅葉の見頃を迎える高尾山ですが、11月初旬から徐々に木々が色づき始めてきます。この時期ですと、標高の高い山頂などで紅葉が始まってきています。
11月7日に高尾山と奥高尾の小仏城山を取材してきましたので、スポット別の紅葉の状況を紹介します。

ふもと

ふもとでは京王線高尾山口駅からケーブルカー清滝駅までの一帯が紅葉のスポットになっていますが、11/7の時点ではまだ緑の葉が多い状態でした。
ただ、清滝駅前ではいくつか色づき始めている木もあるので、探してみてはいかがでしょうか?

高尾山口駅前。大きなイチョウが11月初旬に黄色くなりますが、今年はまだこれからみたいです。
ケーブルカー清滝駅前。もう少しすると一面、赤と黄色に色づきます。
清滝駅前では紅葉のシーズン中、週末に「もみじまつり」が開催されています。奥の方の木は少し色づき始めています。

ちなみに写真に人があまり写ってないのは、平日の朝8時という時間だからです。
週末になるとこのシーズンの高尾山はかなりの人出になります。

またケーブルカーは、乗車しながら見事な紅葉を見ることができるのですが、これも11/7の時点ではまだ緑の葉が多かったです。

薬王院

山腹にある薬王院も紅葉のスポットとして有名です。
見頃の時期に向けて、少しずつ木々が色づき始めていました。

境内の木々が色づき始めてきています。
毎年、「願叶輪潜(ねがいかなうわくぐり)」の横の木がきれいに紅葉するのですが、あともう少しでしょうか。
本堂から本社にあがったところにある鳥居の横も、紅葉スポットです。

山頂

山頂はかなりいい感じに色づいてきています。
やはり標高が高いところの方が早く紅葉するのですね。
ぜひ山頂まで登って、早めの紅葉を楽しんでください!

屋根付きのベンチがある場所では、かなり赤くなってきています。この木はいつも早く色づきます。
別な角度からみたところ。青空とのコントラストが素敵です。
「やまびこ茶屋」さんの前でも紅葉しています。
ビジターセンター前。まだ全部紅葉してませんが、かなりいい感じになってます。

山頂の展望台や、もみじ台側のエリアはまだ紅葉していませんでしたので、山頂もまだまだこれから楽しめそうですよ。

小仏城山

高尾山から1時間ほど奥に歩いた小仏城山。ここは高尾山より標高が高いせいか、かなり本格的に紅葉していました。まだ先でも楽しめるかもしれませんが、すでに見頃といってもいい美しさでした。

城山茶屋の前では、紅葉が見頃になっています。
木の種類と色づく時期のずれで、赤黄緑の3色の競演を楽しむことができます。
この木は今が見頃ですね。美しい黄色です。
天狗の木彫りがある小仏城山の展望台。正面は高尾山。ここからも、もう少しすると紅葉が楽しめます。

紅葉の見頃を迎えている小仏城山ですが、いくつか注意点があります。
台風19号の影響で通行止めになっている道があり、小仏峠から小仏バス停には降りれません。

などの選択肢がありますが、事前にビジターセンターHP高尾山マガジンの登山道情報などで確認しておくといいでしょう。

また、通行止めの影響で小仏城山の茶屋は営業休止になっています。
(営業再開の話も聞くのですが、11/7現在確認がとれていません)
茶屋がやっていないことを想定して、持参する、高尾山で食事を済ますなどしましょう。

あともう1点。小仏城山のトイレがポンプ不調のため、使用中止になっています。
(参考:小仏城山のトイレが使用中止に
小仏城山でトイレが使えなくても困らないように、高尾山や一丁平で済ませておくとよいでしょう。

これらのことに気をつけて、ぜひ紅葉を楽しんできてください!

高尾山マガジンでは、高尾山の紅葉スポットについてまとめたページがありますので、ぜひそちらも参考にしてください。最盛期の紅葉の様子がわかりますよ。

高尾山の紅葉

この記事をシェア