ブログ

高尾山紅葉情報 2022(11月9日現在) 山全体で紅葉シーズンに入ったがピークはもう少し先

編集部

投稿者:

更新日:

投稿日:2022/11/9

高尾山の紅葉は毎年11月中旬から12月初旬が最盛期ですが、標高の高いところなどから順番に見頃を迎えてきます。
11月に入った先週から山頂は見頃を迎え、ふもとや山腹でも日々紅葉がすすんでいます。
紅葉のピークはもう少し先ですが、もう充分見ごたえのある紅葉を楽しめるようになっていますよ。
11/9時点での紅葉の様子をレポートしてみましたのでご覧ください。
今年は紅葉が早いという話も聞きますが、高尾山ではほぼ例年と同じペースで紅葉がすすんでいるようです。

※最新の紅葉レポート記事は以下をご覧ください。
高尾山紅葉情報 2022(11月22日現在)山全体で紅葉がピークに!ふもとから山頂までどこも見応え充分

ふもと(ケーブルカー清滝駅前)

ふもとではケーブルカーの「清滝」駅前が、紅葉の一大スポットになっています。
全体としてはまだ半分ほどの色づきですが、木によっては今が見頃のものもあり、駅前広場がカラフルに色づいています。

高尾山口駅から歩いてくると、ケーブルカー清滝駅前の華やかな紅葉が出迎えてくれます
手前の大きな木は早くから色づいて、今見頃になっています
駅前広場の中央あたりはまだ緑の葉が多いです
裏から見たところ。緑の葉が目立ちますね
駅舎寄りのエリア。こちらも紅葉がすすんできました
時間によって光の具合が変わり、紅葉が輝いて美しい瞬間があります(写真は昼過ぎに撮影)

薬王院

山腹にある薬王院でもだいぶ紅葉がすすんできました。
色づき具合はこちらもまだ半分程度ですが、木によっては見頃を迎えているものもあり、見応え充分です。
寺社建築と紅葉の組み合わせはとても絵になり、特に外国人観光客の方が盛んにシャッターを切っていました。

本社の鳥居横の木は、先週よりさらに紅葉がすすみ、見頃に
「願叶輪潜(ねがいかなうわくぐり)」の横にある木
別の角度から見たところ
寺社建築と紅葉の組み合わせは絵になります
全体としてはまだ緑の葉の部分が多いです
山門の横の木もまだ先端が色づき始めたところ

高尾山山頂

山頂は11月初めから見頃になっていますが、先週緑の葉だった部分も色づき始め、どんどんカラフルになってきています。
来週くらいまでは見頃が続きそうです。

山頂のいろんなところで紅葉した木があります
1号路から山頂に上がったところ。先週は数本だけが見頃だったのに、一面に紅葉が広がりました
「おそうじ小僧」の横の木もまだまだ見頃
高尾ビジターセンターの前の木は、一段と赤くなってきました
今まで緑の葉だった「曙亭」横の木が色づき始めました
もみじ台側で一段下がったエリアも、赤い葉が増えてきました

もみじ台

高尾山山頂から10分ほど奥高尾方面に歩いた「もみじ台」も紅葉の名所。
ここの展望台からは富士山も見れるので、少しだけ山頂から足を伸ばしてみるのもオススメです。

先週はそこまで紅葉していなかったのですが、この日訪れるとかなり紅葉がすすんでいました。
高尾山の他の場所はほぼ昨年の紅葉のすすみと同じなのですが、もみじ台は昨年より早いかもしれません。
【関連記事】 昨年(2021年)11月12日時点の紅葉の様子

もみじ台。高尾山山頂から10分ほど歩いただけで、一気に山の雰囲気になります
もみじ台には「細田屋」という茶屋さんがあり、お店の上に紅葉した木があります
細田屋を遠くから見たところ
一丁平寄りのベンチでも紅葉しています

その他

今紹介した主要スポットの他にも、高尾山では紅葉狩りを楽しむことができます。

「金比羅台」にあるイチョウ。金比羅台はケーブルカーやリフトを使わず1号路を歩いた途中にあります
男坂と女坂の間の丘にある「仏舎利塔」。紅葉の名所だがまだ緑の葉が多い

山内のいろんな場所で紅葉を楽しめるので、歩きながら探してみてくださいね。

仏舎利塔やケーブルカーの軌道周辺は紅葉スポットなのですが、11月9日現在、まだ緑の葉が多く見頃はもう少し先になりそうです。
高尾山の紅葉は場所を変えて1ヶ月ほど続きます。
11月いっぱいは楽しめますので、日ごと色づいてくる紅葉を体感しに高尾山を訪れてみてください。

高尾山マガジンには高尾山の紅葉についてまとめたページがありますので、どこで紅葉が見れるかチェックしてみてくださいね。
高尾山の紅葉|高尾山マガジン

また、この日の様子はYouTubeで動画でも紹介していますので、ぜひあわせてご覧ください。

この記事をシェア