ブログ

高尾山紅葉情報 2020(11月13日現在)。今でも充分楽しめるがピークは少し先

編集部

投稿者:

高尾山ではふもとから山頂まで紅葉を楽しめますが、一気にピークを迎えるのではなく、場所によって時期を変えて色づきがすすみます。
11/13現在、いくつかのスポットで見頃を迎えつつありますが、全体としてのピークはもう少し先かな、という状況です。
場所をずらして長く紅葉を楽しめるのも、高尾山の紅葉の魅力ですね!
それでは、スポット別に11/13現在の紅葉の状況をみていきましょう。

※最新の紅葉レポート記事は以下をご覧ください。
高尾山紅葉情報 2020(11月26日現在)。主要スポットのピークは過ぎたがまだ見応えあり

ふもと

ケーブルカー清滝駅前はかなり色づきも深まり、もうすぐ見頃を迎えます。
奥まったところではまだ緑の葉が残ってますので、そこが色づいてくると来週にかけてもっと見事になりそうですね。

ケーブルカー清滝駅前。もう見頃近くになってきています。
清滝駅の駅舎側から見たところ。
広場の奥の方は、まだ緑の葉も目立ちます。

高尾山口駅からケーブルカー清滝駅に向かう道沿いも毎年紅葉がきれいですが、こちらはまだ色づき始めといったところです。

ケーブルカー駅に向かう道沿い。毎年ここが一面赤くなるが、まだ緑が目立つ。

また、高尾山口駅前には大きなイチョウがあり、こちらも11/13現在見事な黄金色になっています。
ただこの木は、将来、駅前エリアを公園にする計画があり、残念ながら今年伐採されてしまいます。
今年が最後になりますので、ぜひ目に焼き付けておいてください。

高尾山口駅前のイチョウ。見れるのは今年が最後になります。

ケーブルカー高尾山駅

ケーブルカーの上の駅「高尾山駅」周辺も紅葉スポットです。
ビアマウント会場だった展望台から見下ろすと、美しい紅葉の景色を楽しめます。

展望台から駅舎を見下ろしたところ。高速の向こうに見える北高尾山稜も紅葉している。

霞台

ケーブルカー高尾山駅から少し歩いたところにある霞台でも、紅葉が見頃を迎えています。
ベンチで休憩しながら紅葉を楽しめますね。
十一丁目茶屋さんの団子を食べながら、紅葉を眺めるのもオススメです。

霞台の紅葉は今が見頃。
見上げたところに美しくオレンジに色づく木がありました。
階段を登って上から撮ったところ。美しいです。

薬王院

薬王院では、木によっては見頃を迎えているものもあり、境内全体が先週より華やかな印象になっていました。
充分、紅葉狩りを楽しめる色づき具合です。

境内全体で先週より紅葉がすすんでいます。
「願叶輪潜(ねがいかなうわくぐり)」の横の木は、今がピークです。
本社の鳥居横にある木も、ピークを迎えつつあります。
山門周辺はまだこれからですね。

山頂

山頂広場は、すでに見頃を迎えています。
やはり標高が高いから、紅葉のすすみが早いのかもしれませんね。
展望台の横を一段下がったところにも紅葉スポットがあるのですが、そちらはまだ緑の葉が目立ちました。

茶屋「大見晴亭」さんの周辺は見頃になっています。
ビジターセンター前の木も見頃ですね。
一番最初から赤くなっていたこの木は、ピークを過ぎつつあります。
展望台横も色づいてきました。奥の方はまだ緑の葉が結構ありました。

以上になります。

このほか、ケーブルカーの軌道沿いやリフト駅周辺も紅葉スポットなのですが、そちらはまだ緑の葉が多い状態です。
色づきがすすんだら、こちらもレポートしていきたいと思います。

この日の状況はYoutubeにもアップしてますので、ぜひそちらもご覧ください。

先週の時点では去年より紅葉のすすみが早い印象がありましたが、暖かい日が続いたからか、紅葉のすすみも少しゆっくりになった気もします。
やはり例年どおり、勤労感謝の日の連休あたりがピークになってくるのではないかと思います。

また、紅葉シーズンの高尾山は、週末に大変混み合います。
今年は新型コロナウイルスで密を避けることも大事ですので、時間をずらして行動するなどの工夫をしましょう。
(山頂はお昼くらいが混雑のピークになります)
平日は比較的空いているので、平日休める方は平日がオススメです。

高尾山マガジンでは、高尾山の紅葉スポットについてまとめたページがありますので、ぜひそこちらも参考にしてください。最盛期の紅葉の様子がわかりますよ。

高尾山の紅葉

この記事をシェア